■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

次期プロジェクトHarmoniaの話
周波数特性の広さ(fレンジ)だけで言えば、
小口径フルレンジ+サブウーファーが、最も合理的なシステムではないか?
と、Korvaは思っています。

目指す音、好きな音によって、ベストなシステムは違ってくるのですが、
単に、安価に、ワイドレンジを得るためには、
かなり合理的な構成だろうなと。

で、前々から、8cmフルレンジ+サブウーファーと言う構成で、
システムを組みたいなぁと思っていたのですが、
最近、長さ調節可能なダクトを入手し、必要な材料がそろったので、
ぼちぼち始めてみようかと思っています。

w5-576


上の画像は、サブウーファーに使う予定の
Tang Band の W5-576 という13cmウーファーとダクトですが、
このウーファーは、非常に安価ですが、ハイエンド機のような立派な造りです。

まず、マグネットがでかい!
コーンより大きそうな、巨大なマグネットです。
ボイスコイルもΦ32mmですので、駆動力はかなり強そうです。

そして、フレームの造りも素晴らしいですねぇ・・・
ダイキャストフレームで、コーンの背面もダンパーの背面も広く開いており、
振動系の動きを妨げる要素が少なそうです。
ポールピースにも大きなベント孔があいていますし、
ウーファーとしては、ほぼ理想的な形ですね。
スピーカー好きとしては、眺めているだけで楽しくなってきます。

サブウーファーは以前 記事に書いた両面バスレフで、
8cmフルレンジ部は、FE83Enの密閉で行こうと考えています。

halmonia_fr

上のグラフは、シミュレーションによる周波数特性です。
40Hzまではフラットで、25Hzで10dB落ちという、
ハイエンドスピーカーも真っ青な驚異的な特性です。

FE83Enのf0cとクロスオーバのところで、
1~2dB盛り上がってるところ以外はフルフラットです。

もちろんこれは単なるシミュレーションで、
実際にこんなに上手く行くとは思えませんけどね。
第一、FE83En自体、結構 特性は凸凹ですし、
低域も、おそらく、シミュレーションの前提として、
アンプは無制限に電流を供給できる完全なものという設定でしょうしね・・・

しかし、まぁ、
小口径フルレンジ+両面バスレフのサブウーファーという構成で、
ピークもディップも無い、フルフラットで、
スーパーワイドなシステムの可能性というのはあるわけです。
関連記事
スポンサーサイト


Harmonia | 08:15:01 | トラックバック(0) | コメント(7)
コメント
kaneyaです。私よりも別の人のほうが詳しいと思うのですが発言します。

下が200Hzくらいしか出ない1コインユニットの後面開放箱と、Fsが65Hzの安売り10cmウーファーを両面バスレフ箱に入れ、100Hz~50Hzを狙ったものを組み合わせたことがありますが、ネット上のシミュレーションに上げられているTSパラメータに推定値が多いためでしょう。音圧がずれました。もしかしたらアッテネーターが必要かも。

それよりも、低音の質が問題だと思います。何日か聞いていたらどこがどことうまく説明できないんですが低音が気に入らなくなって聞かなくなりました。片方のスリットダクトを延々と削って調整した両面バスレフ箱でしたけど。

でも使用するユニットが私のように無名ユニットではないので、実現可能性は高いと思います。

あと心配は、・・・・

40Hz以下は圧力を感じるような周波数帯のようです。はたして共鳴で圧力を感じるような音は出せるのかという疑問もあります。私はそこまで出したことはないので、健闘を祈ります。
2013-09-05 木 22:45:47 | URL | kaneya [編集]
kaneyaさん、コメントありがとうございます^^
kaneyaさんの作った後面開放箱と両面バスレフのサブウーファーの記事読みました。
あまりローエンドが伸びず、音圧が中域より10dB高いという感じですね。
私の方は空気室の比は1:4で行こうと思っていますが、
低音の質が気に入らないと言うのは気になりますね・・・
それより、長さ調節可能なダクトの構造的欠陥を見つけて、気分が萎えています。
ダクトを取り付ける穴にネジ穴が近すぎるため、ネジを締めると確実に板が割れるような感じです。
別のスピーカーを作りたくなってきました。
さて、どうしようかな・・・
2013-09-06 金 08:45:36 | URL | Korva [編集]
kaneyaです。両面バスレフの音圧が上がってしまったのは、調整中クランプ留めで空気漏れ状態で調整していたため、接着後に音圧が上がった可能性があります。

バスレフダクトですが、フォステスクの製品はただ差しこむだけです。最後にボンド等で接着するのかもしれませんが。ですから、ただ差しこむだけでネジ止めしなくてもなんとかなるかもしれません。まずは実践してみたらどうでしょう。

私の方は、ホームページではサブウーファーとしましたが、サブウーファーの方式を使った単独ウーファーですからね。30Hzまででるサブウーファーとはちょっと違っているかも。
2013-09-06 金 16:11:04 | URL | kaneya [編集]
そうですねぇ・・・
ダクトは両面テープで貼り付けて調節して、
調節が完了したら接着と言う感じでもいいですね。
とりあえず、やってみますしょうか。
アドバイスありがとうございます。
2013-09-07 土 07:54:00 | URL | Korva [編集]
30hzまで再生可能だと思います。
空気室が4対1ならばユニットの前面側が小さく、後側が大きくなると思います。
そして、空気室の形状に依っては、このウーハーならば30hzまで再生可能かとも思います。

そして、低い方の低域を再生するダクトを、ミッド側のユニットに寄せた方が良いように思いました。

以前製作した時はこの逆でしたので、どうも位相が交渉し合いミッドレンジ側を密閉にした記憶があります。

要するに、どうもスッキリしない音なんでんす(笑)
2013-09-07 土 19:07:14 | URL | 木工大好き(ヨネ) [編集]
書き忘れました。
追加です。


この箱は面倒な方式の箱なので、側板脱着式をオススメします。

板を留める木ねじは、スリムねじであれば板は割れません。
そして、調整にかなり手こずるので完成したころにわ箱が傷だらけかもしれません・・・・・

なお、音に関しては位相の交渉を、上手くコントロール出来れば手なずけられる可能性が高いですし
周波数レンジは確実に確保できます。

でわ期待してます。
2013-09-07 土 19:24:54 | URL | 木工大好き(ヨネ) [編集]
ヨネさん、コメントありがとうございます^^
なるほど、すっきりしない音ですか・・・
それは悩ましい感じですね。
位相については、多分ダクトを後ろに向けるので、
シミュレーションの結果とは違ってくるでしょうから、
どうなるかは分かりません。
板はどこかを着脱式にする予定です。
ちゃんとした音になるまでに、
かなりチューニングに手間がかかりそうなので。
多分、角材を使って木ネジで留める感じになるだろうと思いますが、
スリムネジだと、余計な手間が無くていいかもしれませんね。
それと、fdの高いダクトは、ミッドから離したほうが良いかもということですね。
なんとなく、その方が混濁感が無さそうな感じではありますね。
情報ありがとうございます。
2013-09-08 日 11:16:07 | URL | Korva [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ