■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Dual BLH のホーンの比率について
シミュレーションで、デュアル・バックロードホーンの
最適なホーンの長さの比率について研究してみました。

下のグラフがその結果です。

dual_BLH_sfr

結論から言えば、
短い方のホーンと長い方のホーンの比率は、
1 : 1.5 = 2 : 3
という、単純明快な数値となります。

上のグラフでは、ロングホーンが200cm、ショートホーンが133cm です。

白い線がショートホーンとロングホーンの合成特性ですが、
ピークやディップの凸凹が、中・高域の平均出力と比べると、
大体 ±6dB 以内の範囲に収まっており、BLHとしては、極めてフラットな特性です。
普通のBLHだと、10dB以上のピークや、20dB以上のディップは普通に生じますからね。

この 1 : 1.5 の比率が良いのではないかということについては、
ホームページのKorkeaの記事でも予想していましたが、
改めて、シミュレーションで検証した結果、
この比率がベストであることが確認できました。

このシミュレーションの方法は、
このブログでも時々コメントを下さる、kaneyaさんのHP から学ばせていただいた手法で、
ロングホーンの特性を、ウーファーの特性の水色の線として表示し、
ショートホーンの特性を、ツイーターの特性の黄色の線として表示し、
その総合特性を白い線として表示するという手法です。

この方法は、頭の中で位相のことについて、あれこれ考えなくても、
画像を見れば一目瞭然の優れた手法です。
この手法を学んだことは、
デュアルBLHの最適な比率を確認する上で非常に有益でした。

kaneyaさん、この場を借りて、お礼を申し上げます<(_ _)>
これで、疑心暗鬼や心の中のもやもやが無くなり、
安心して設計に取り掛かれます。

その前に、別のものを作りますけどね。
関連記事
スポンサーサイト


バックロードホーン | 08:18:12 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
kaneyaです。取り上げていただいてありがとうございます。

デュアル・バックロードの考えはそちらから学ばせてもらったので、多少はお返しができたのかな。

ただ、私の設計では、音道をなかなか狙った長さに持っていくことが出来ないので、おおよその目安として考えてます。
2013-09-01 日 18:37:30 | URL | kaneya [編集]
kaneyaさん、こちらこそ、ありがとうございます^^

実際に何パターンもデュアルBLHを作って測定しても、
測定場所や条件によって測定結果が違ってしまうため、
作って最適な比率を確認すると言うのは、事実上不可能なので、
この方法で最適な比率を確認できたことは非常に有益でした。
2013-09-02 月 08:43:21 | URL | korva [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ