■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Laulu-08Ⅱ と FF85WK


Fostex FF85WK 用の Laulu-08Ⅱを作ってみました。
変更点は、ドライバーの取り付け穴の開口径のみです。

Tang Band の8cmフルレンジの取り付け穴はΦ86mmで、
Fostex の8cmフルレンジの取り付け穴がΦ83mmなので、
Fostexの8cmも、Laulu-08Ⅱに取り付けるとこができるのですが、
取り付け穴が大きすぎるため、パッキンがずれやすく、気密性に問題があるので、
Fostex用に、ドライバーの取り付け穴がΦ83mmのLaulu-08Ⅱを作ってみたわけです。

laulu-85_f

上のグラフは、シミュレーションによる周波数特性ですが、
8cmフルレンジの小型バスレフシステムとしては、完璧な特性ですね。

実際の試聴では、TangBandのW3-582SC版のLaulu-08Ⅱと比べると、
少し低域が控えめに感じますが、特に問題も無く、バランスの良い音です。
しかし、FF85WKは、聴き始めに、高域の金属的質感が少し気になりますね。
10分ほど聴いていると、気にならなくなりますが・・・

FE83Enでも試してみましたが、
FF85WKでは、ドライバーとエンクロージャーが一体化して鳴っている感じなのに対して、
FE83Enだと、少しばかり、この一体感が薄れ、ドライバーが勝手に鳴っている感じがあります。
やはり、FE83Enには、ダクトのチューニングが低すぎるようですね。

laulu-83_f

上のグラフは、ダクトを9mm短縮したLaulu-08Ⅱに、
FE83Enをマウントした場合のシミュレーションによる周波数特性です。
まぁまぁの感じですかね・・・
本当は、もう少しダクトを短縮して、板厚のみのダクトにした方が、
低域の厚みが増して、特性的にはよいのですが、
ボーカルの最低音の80Hzまでは、何とか再生したいので、
この辺りがぎりぎりな感じではあります。

実際に聴いてみて、板厚のみのダクトの方が良ければ、
その方が作るのも楽でいいですけどね。

しかし、FE83Enは、エッジの材質が変わってから、f0が高くなりすぎではないでしょうか?
長岡鉄男氏によると、ローエンドは、f0の半分まで伸ばすことができるとのことですが、
FE83Enのf0は160Hzなので、この1オクターブ下がちょうど80Hzとなり、
ボーカルの最低音を、ぎりぎりカバーできる数値で、全く余裕のない特性です。

まぁ、FE83Enの場合、ローエンドが伸ばせたとしても、
低域の駆動力が弱いので、ローエンドの伸びは諦めて、
低域に厚みを持たせる設計にして、それらしく聴かせる方が良いのかも知れません。

そのうち、FE83En用のLaulu-08Ⅱも作ってみて、
ちょうどよい感じのチューニングを見つけたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト


Laulu-08 | 15:03:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ