■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

夏のオーディオ
前回の更新から、少し間隔が開いてしまいましたが、
新しいプロジェクトを始める前に、
ホームページの方で、気になっていたことを片付けていました。
まだ少し、やりたいことが残っていますが、ひと段落ついた感じではあります。

今回の記事は、ちょっとした小ネタなんですが、
暑い日のオーディオについて少々・・・

暑い日も寒い日もオーディオなんて同じだろ?という感じですが、
PCオーディオだと、これが少し違うようです。

まず、オーディオプレーヤーによって、CPU に掛かる負荷が違うので、
負荷の大きいプレーヤーを使うと、冷却ファンの回転が速くなり、
PC の発するノイズが多くなります。

ホームページの方で、
スピーカーの音を録音して、You Tube に上げたりしていますが、
かなりノイズが多いのは、PCの冷却ファンの発するノイズが原因です。

特に、Frieve Audio などは、HSC 機能などを使うと、明らかに音質は向上しますが、
冷却ファンの発するノイズがとてつもないことになり、
音楽の細部が聞き取れなくなるので、音質向上の意味がほとんどなくなります。
冬だと問題にならないんですが、夏だと、KorvaのPCには負荷が大きいようです。
なにしろ、いまだに、Celeron D ですからね。

それで、Gom Player とか iTunes とかを使うことになるわけですが、
Gom Player は、起動も早く、負荷も小さいようで、
冷却ファンがブンブン言わず、なかなか快適です。

それに対して、iTunes は、起動が遅いので、CPUに対する負荷も、
さぞかし大きいだろうと、勝手に思い込んでいたのですが、
意外にも、これが結構 負荷が軽いようで、
あまり冷却ファンがブンブン言わないんですよね。
ほとんど、Gom Player と変わらないんじゃないでしょうか?

しかも、気のせいだとは思うんですが、
iTunes の方が、Gom Player より、音が滑らかなような気がします。
つまり、iTunes の方が音が良いのではないかと・・・

アルゴリズムが違えば、音も違って不思議ではないんですが、
復元された波形が、プレーヤーによって、それほど違うとも思えませんし・・・
多分、気のせいだとは思いますけどね。

しかし、まぁ、iTunes は、負荷も軽いようですし、音も良いような気がするので、
暑い日に使うプレーヤーとしては、いいんじゃないでしょうか?

それと、アンプです。
最近、よく使っているのが、S.M.S.L の SA-98 なんですが、
これは、出力が大きいので、効率の高いデジタルアンプと言えども、
結構 熱くなります。

アンプはあまり高温になると、電解コンデンサーの劣化が早くなるので、
できれば、あまり熱くならない方がいいのですが、
アンプを冷却する、ちょっとした小技を一つ。

anp_heatsink


少しまえに、S.M.S.L の SA-4S というアンプに使われている、
Tripath TA2024 に貼り付けた、ヒートシンクの残りの部分を、
アンプの上に載せています。

ちょっと見栄えは悪いのですが、
なかなか効果があるようで、アンプのケースを触ると、
載せる前に比べて、明らかに温度が低くなります。

SA-4S のように、出力の小さいアンプだと、
暑い日でも、お風呂のお湯くらいの温度にしかなりませんが、
SA-98は、暑い日だと、触れないくらい熱くなります。
しかし、これを載せると、普通に触れる程度の温度にはなるようです。

今のところ、このヒートシンクは他に使い道がないので、
暑い日には、アンプの上で活躍してもらいましょう。

それと、多分これも、気のせいだとは思いますが、
暑い日には、スピーカーの低音が豊かになるような気がします。
もしかして、エッジとかダンパーとかの支持系が柔らかくなり、
振動系が動きやすくなるのが原因かな?とも思いますが、
どうなんでしょうね・・・
関連記事
スポンサーサイト


オーディオ | 11:32:24 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
はじめまして
korva様

昨日はワタクシのブログに訪問いただき、ありがとうございました。

よい音・理想のスピーカーの追求、すごいですね(驚)
ワタクシは門外漢のため、なかなか難しくて適切なコメントが出来ず、申し訳ないのですが・・・(汗)
音を極める世界を垣間見させていただき、「すごいなあ」という感動の一言です。
ワタクシの父が真空管に凝ってまして、スピーカーやレコードプレーヤーも、どこかから取り寄せていますが、父ならばkorvaさんのブログ、すごく興味深く拝見できるなあ、と思いました。今度お話しておきます!
2013-07-24 水 23:13:03 | URL | まーさん [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-07-25 木 04:38:15 | | [編集]
まーさん様、わざわざお越しくださり、ありがとうございます^^
私はこの分野では駆け出しのペーペーでございますが、
とりあえず頑張って音の追求をしております。

お父様の真空管のご趣味は羨ましいですねぇ。
多分、真空管など、ご家族からはガラクタのようにしか見えないかもしれませんが、
オーディオ好きには魅惑の世界なのです。
見てるだけで幸せになれます(笑)
私もそちらの世界に行きたいという気持ちもありますが、
アナログで同じ音をだそうとすると、予算が一桁どころでなく増えてしまうので、
私的にはなかなか厳しいようです・・・
2013-07-25 木 09:25:37 | URL | Korva [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ