■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

S.M.S.L SA-S3+

sa-s3


今回の記事は、S.M.S.L社のデジタルアンプ、SA-S3+ です。

このアンプのチップには、Tripath社の TA2021B が使用されており、
出力は、25W+25W (4Ω)です。
同社の TA2020 の 20W+20W 、TA2024 の 15W+15W と比べると、
少し出力に余裕があります。

とは言っても、20Wと25Wだと、実際にスピーカーから出せる音量は、
√(25/20)=1.118 倍で、ほとんど同じですが。

このアンプは、TA2020 を使った SA-S1+ のように
ディテールが強調されることも無く、
どちらかと言えば、落ち着いた音がする、
特に特徴の無い、普通のアンプという感じです。

低域は、SA-S1+ に比べると、芯と厚みがあるように感じます。
しかし、SA-98EX のように、ピラミッドバランスという感じではなく、
あくまでも、フラットバランスという感じでしょうか・・・

SA-S1+ よりも、中域・高域が柔らかい分、
相対的に低域がしっかりと聴こえるということかもしれません。
おそらく、低域の絶対量ということでは、SA-S1+ と大差ないと思います。

中域・高域が、SA-S1+ に比べると柔らかめだとはいっても、
音色的には、どちらかと言えば、クールで固めな音だと感じますので、
柔らかく暖かい音が好きな方は、SA-4S-EX などの、
別のアンプの方が良いかもしれません。

アンプの音は、機種による差が小さいので、
スピーカーの音のように、一聴して違いが分かるという程の差は無く、
注意して聞き込めば、小さな違いが分かるかも知れないというレベルで、
SA-S1+ を使っていた人が、ある日、アンプをSA-S3+ と入れ替えられても、
見た目もほとんど同じなので、気がつかない人も多いと思います。
気がつくとしても、「最近なんとなく音が落ち着いてきなかな?」という感じで、
アンプが変わったことには、気がつかないかもしれません。

強いて言えば、
落ち着いた音が好きな人、全体のバランスが聴きたい人は、SA-S3+
キラキラと散乱する音が好きな人、ディーテールを細かく聴きたい人は、SA-S1+
という事は、言えるかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト


アンプ | 11:15:16 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
参考になりました!
昔使っていたスピーカーを使おうと

アンプ情報収集していました。

安価で良質なもの探していましたので

とても嬉しい情報です。

ありがとうございます。
2015-01-18 日 06:15:16 | URL | ドライブ お勧めスポット [編集]
ドライブ お勧めスポット様、コメントありがとうございます^^
お役に立てて何よりです。
2015-01-18 日 10:35:06 | URL | Korva [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ