■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Laulu-08 の改善案
久しぶりの更新になります。
ここしばらく、気分と体調が優れなかったので、
ブログもホームページも放置しておりました。

以前、Laulu-08 という、
8cmフルレンジ用の4.5リットルのバスレフを作りました。
このエンクロージャーは、特に癖もなくソースに忠実な音が聴けるので、
比較的 使用頻度の高いエンクロージャーで、今も活躍しています。

今回は、この Laulu-08 の改善案です。

Laulu-08II.png

上の画像がそれですが、
旧バージョンとの主な違いは、底板に角度がついていることです。

旧バージョンは裏板に角度を付けることで、
フロントバッフルと裏板との対向面間で発生する定在波を減らすことによって、
ドライバーの振動板に対する定在波の悪影響を減らし、
癖の無い再生音を実現するという狙いがあったわけですが、
今回は底板にも角度をつけることで、
天板と底板の対向面間で発生する定在波も減らそうというわけです。

なぜ、天板と底板の対向面間で発生する定在波を減らしたいのかと言うと、
一般的なバスレフエンクロージャー形状の場合、
天板と底板の間の距離が最も長くなるからです。

定在波は、対向面間の距離が大きくなるほど、波長が長く(周波数が低く)なります。
そして、定在波の周波数が低いほど、吸音材による吸音が難しくなり、
減衰するのにより長い時間がかかるため、再生音への悪影響も、
より大きくなると考えられるからです。

両側板にも角度をつければ、定在波対策としては完璧ですが、
両側板の対向面間の距離は最も短いので、発生する定在波の周波数も高く、
この対抗面間で発生する定在波の吸音は、比較的容易だと考えられるので、
エンクロージャーの設計や製作上の難易度のことも考えると、
側板には角度をつけなくても、それほど問題ないかなぁという感じです。

底板の下部にデッドスペースが発生するので、
サイズ的には少し大きくなりますが、少し背が高くなるので、
デザイン的には旧バージョンより好くなるかもしれません。
旧バージョンは、パッと見たとき、ドライバーとダクトの間の距離が、
少し短いようにも感じるのです。
関連記事
スポンサーサイト


Laulu-08 | 10:43:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ