FC2ブログ
 
■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

わが家の金魚たち
1ヶ月ほど前から、金魚を2匹 飼い始めました。

tank20180502


水槽は、10年以上前に買った、テトラの「メダカ飼育セット」です。
このセットは、今も販売されていますが、
外掛けフィルターがモデル・チェンジしています。
この外掛けフィルターは、改造して使っていますが、
今のところ上手く機能しているようで、水はピカピカです。

このメダカ飼育セットは、
妻とお弁当を持って、「里川」という川を見に行ったとき、
妻が「メダカの稚魚がいる」と言って掬った魚を飼う為に、
急遽 購入したものだと記憶しています。

しかし、この稚魚たちは、実はメダカではなく、
ウグイか何かだったのですが、1匹を残して、すぐに死んでしまいました。
最後の1匹は、メダカの餌を食べながら、結構 長く生きて、
私たちを楽しませてくれたのですが、
3cmくらいに育った頃、蓋とフィルターの隙間から飛び出したのか、
水槽の横で干からびて死んでいるのを発見しました。
ウグイのような活発な魚を、この小さい水槽で飼うのは、
無理があったのでしょうか・・・

tank20180502b


水槽の後ろに外掛けフィルターがあるので見にくいですが、
水槽内のレイアウトです。
金魚の隠れ家と、人工の水草と人工の流木が置いてあります。

wakin20180502


金魚たちは、いつもは活発に泳ぎまわっていますが、
撮影しようとすると、なぜか隠れて出てきてくれません。

金魚の種類は、普通の「和金」です。
よく大型魚の餌として売られているような、
いわゆる「小赤」という金魚なので、
興味を引くような、美しい柄のようなものはありませんが、
いつも見ていると、個体差も判別できるようになりますし、
段々と愛着が湧いてきて、可愛く思えてきます。

Korva の好きな「星の王子さま」にも、
同じようなことが書かれていますが、
「価値のあるものが大切なのではなく、
 大切にするものが価値のあるものになる」 のだと思います。
一般的には、ほとんど価値の無いものが、
共に時間をすごしたり、手間をかけて面倒を見たりしているうちに、
自分にとって、かけがえの無いものになっていく過程というものが、
Korva はなんとも言えずに好きなのです。

minishikuramen20280502


これは3年ほど前に、100円ショップのダイソーで買った ミニ・シクラメン です。
最初は本当に小さな株でしたが、今は大きく育ち、沢山の花を咲かせて、
目を楽しませてくれるようになりました。



スポンサーサイト



アクアリウム | 10:58:21 | トラックバック(0) | コメント(14)