■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Monolith-E08
ずっと作りたくて、なかなか作れずにいた Monolith-E08 を、やっと作りました。

monolith-e08_20170916


今、エージング中ですが、音に厚みがあり、開放的に朗々と鳴ります。
ボーカルは、小口径らしくない厚みと艶やかさとエレガントさがあります。
低音も、解像度が高く、音階も明確で、反応も素早い感じです。
チェロなどは、弓が弦を引っかくゴリゴリした硬い質感も、リアルに表現します。

Monolith-E08 は Extended Dual BLH で、Monolith-E08A と同じ構造ですが、
Monolith-E08A は、Alpair-6p 専用エンクロージャーで、
Monolith-E08 は、汎用エンクロージャーです。

Alpair-6p は、非常に優れた8cmフルレンジ・ドライバーですが、
8cmフルレンジとしては、ドライバーを取り付ける穴(バッフル・ホール)が大きいことから、
スパイラルBLH などでは空気室も大きくなってしまうため、
BLH としては理想的な設計ができない場合があり、
Monolith-E08A も、少し大きめの空気室を持っていました。

その様なことから、Monolith-E08A は、
ミッド・ローの帯域が少し薄めかなと感じることがありましたが、
癖がなく、聴き疲れしにくく、クラシックなどには好適な音でもあるので、
まぁ、これはこれで良いかという感じで、使っておりました。

しかし、今回の Monolith-E08 は、汎用エンクロージャーということもあり、
ドライバーに由来する制限もなかったので、何の妥協点もなく設計できました。

BLH は構造的に複雑なため、
理想的な設計と、ルックスの良さを両立するのが難しいのですが、
今回の Monolith-E08 では、これを完全に両立できたかなと思います。

Monolith-E08 は、
音の良さ、理想的な設計、デザインの良さ、
この三つを高いレベルで纏めることができていると思いますし、
Korva の考える 「 理想的な BLH 」 というものを、
やっと形にすることができたかなと感じています。



スポンサーサイト
Monolith-E08 | 13:39:57 | トラックバック(0) | コメント(5)

FC2Ad

まとめ