■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Monolith-08a のチューニング
Alpair6p 専用のデュアル・バックロードホーン、
Monilith-08a のチューニングをしています。

monolith-08a_20160916


もともと、Korva の作る BLH の空気室は、
最適な値より、少し大きめに作ってあります。

というのは、使うドライバーの Fs や Qts の値によって、
最適な空気室の容積が変わってくるので、
最初に、空気室を少し大きめに作っておけば、
あとから、空気室に詰め物を入れて、
空気室の容積を減らして、調節することができるからです。

しかし、Alpair6p は、8cmドライバーにしては、
ドライバーを取り付ける穴の直径が 92mm と大きいため、
空気室も、8cm ドライバー用のエンクロージャーとしては、
大きすぎる容積になっていました。

Monolith-08a は、エージングを経て、
なかなか良い音で鳴っていたのですが、
10cm用のMonolith-10 に比べると、
BLH らしい、鳴りっぷりの良さが足りない感じなので、
空気室の容積を、少しずつ減らしながら、
最適な容積を探っていました。

そして、ある値を境にして、
ドライバーの存在が消えて、エンクロージャーと一体化する感じになり、
それより少し減らすと、エンクロージャーの存在も消えて、
空間自体が鳴り出すような印象になります。

最適にチューニングされた Moniolith-08a は、繊細かつ厚みのある音で、
このちっぽけな8cmドライバーで、音楽に必要な全帯域を再生します。

Laulu-08II + サブ・ウーファー + スーパー・ツイーター の超ワイドシステムでも、
Monolith-08a の音には敵いません。

この音は、長年、Korva が追い求めていた音にかなり近く、
もう一歩で、理想とする音が実現しそうですが、
それには、このMonolith-08a に、更なる改良が必要だと思います。

Korva は、短めのホーンの BLH を作ることが多いのですが、
Monolith-08a は、究極の 8cm フルレンジ一発のシステムを開発するという意図もあり、
ホーンが 少し長めで、ロング・ホーンの方は、2m を超えています。

そして、今回、同じドライバーでも、
短めのホーンと長めのホーンでは、
最適な空気室の容積が違うということが判りました。

ホーンは、長くなるほど、
再生する帯域が低くなり、
ホーンの空気バネが軟らかくなり、
駆動する空気の量も増えるので、
それを補うためには、空気室の空気バネを硬くする必要があり、
そのためには、空気室の容積を、
ホーンの長さに「反比例」させる必要があるということです。
つまり、ホーンを長くするほど、
空気室の容積を減らす必要があるということです。

なので、特に、長岡式のように、
長いホーンを持つ BLH が、上手く鳴らないと悩んでいる方は、
空気室の容積を減らすと、上手く鳴り出すかもしれません。


関連記事
スポンサーサイト
Monolith-08a | 12:09:02 | トラックバック(0) | コメント(4)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。