■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

デジタル・アンプの電源の品質は音に影響するか?
デジタル・アンプには、一般的に、スイッチング電源が使用されますが、
デジタル・アンプ と電源の品質については、
オーディオの世界では、少し論争があって、
「電源の品質がアンプの音に影響する」
とする意見と、
「スイッチング電源に含まれるスイッチング・ノイズは、
 人間の可聴域外で、それを人間が感知することはできないため、
 アンプの音に影響しない」
とする意見があるようです。

Korva は最初、後者の意見がもっともらしいと考えていましたが、
電源に含まれるスイッチング・ノイズを除去すると、
聴感上は、明らかに音が良くなったように感じるので、
その理由を、Korva なりに考えてみました。

yda138_20160809


上の図は、Korva の好きな、ヤマハのデジタル・アンプIC、YDA138 の端子図です。

電源に少しくらいのノイズが含まれていても、
IC が行うデジタル演算は正確に行われるはずなので、
それ以外で、音に影響がありそうな箇所と言うと、
電圧レファレンス端子の VREFL と VREFR 、
電源入力端子の PVDDPL PVDDML PVDDPR PVDDMR PVDDREG 
だと考えられます。

IC は、音声信号入力端子の、INL INR 端子に掛かる電圧と、
VREFL VREFR に生じる電圧を比較して、
INL INR の掛かる電圧を相対的に測定します。
なので、VREFL VREFR に生じる電圧は、
IC にとっては、音声信号を測定するときの標準原器的な物なので、
ここに生じる電圧が一定でないと、伸び縮みする定規で測定するようなもので、
正確な信号の測定が行われなくなります。

そして、VREFL VREFR に生じる電圧は、
PVDDREG に掛かる電圧の 1/2 の値なので、
PVDDREG に掛かる電圧が一定でない場合は、
VREFL VREFR に生じる電圧も一定でなくなります。

PVDDPL PVDDML は、Lチャンネルの電源端子、
PVDDPR PVDDMR は、Rチャンネルの電源端子です。
そして、ここに掛かる電圧は、音声信号の増幅率に関係するはずで、
IC が行う信号の測定および演算が正確でも、
ここに掛かる電圧が一定でなければ、
信号の正確な増幅ができなくなると考えられます。

ここから考えられることは、
電源に含まれるスイッチング・ノイズが可聴域外であっても、
電源電圧が一定でない場合、つまりノイズが含まれる場合は、
IC 自体が、音声信号の正確な測定と増幅を行うことができなくなる可能性です。

結論としては、
デジタル・アンプに使う電源の品質は、
デジタル・アンプの音に影響すると考えても良いかもしれません。


関連記事
スポンサーサイト
アンプ | 11:06:09 | トラックバック(0) | コメント(6)
NFJ YDA138 アンプ・キット
NFJ の YDA138 アンプ・キットを組み立てました。

nfj_yda138_amp


上の画像がそれですが、これも、NFJ の PCM 2704 DAC キットと同じく、
文庫本の半分程度の大きさで、大変コンパクトです。

デザイン的には、結構、完成度が高いと思います。
プラスチック製のボリュームのつまみが、可愛くて良い感じです。

こんなに小さくて、まともにスピーカーをドライブできるのか?という感じですが、
他のデジタル・アンプと比べても、特に劣っている部分があるようには感じません。

中域・高域はアナログ的な質感で滑らかですし、
ボーカルの再生も、血の通った暖かさや優しさがあり、不思議な陶酔感があります。
ボーカル・ファンにとっては、一聴の価値があるかもしれません。

低域は結構 厚みがあり、小さい割には、力強さもあります。
低域、中域、高域、各音域のバランスが良く、
音に厚みや充実感があるように感じます。

こんなちっぽけなアンプですが、音質的には、
欠点らしい欠点は、特にないようです。

アンプIC の YDA138 は、ヘッドフォン・アンプ内臓で、
このアンプにも、ヘッドフォン端子がついていますが、
このヘッドフォン出力は、なかなか音が良くて、
ヘッドフォン・アンプとしても、普通に使えるレベルだと思います。

このヘッドフォン出力は、最初 聴いたときは、
ノイズが多くて、正直、使えないなと思いましたが、
しばらくすると、ノイズが無くなり、良い音になりました。

信号ラインに、電解コンデンサーが直列に入っている場合は、
エージングにより、かなり音が変化するようです。

下の画像は、基盤の様子です。

nfj_yda138_amp_i


かなり、改造していますが、改造の説明記事はまた後日・・・


関連記事
アンプ | 11:03:12 | トラックバック(0) | コメント(3)
デミアン
ヘルマン・ヘッセの「デミアン」を読みました。

demian


ヘッセの作品は、20代の頃、「クヌルプ」を読んで、
この作品は、そのうち、また読み返そうと思っていたので、
多分、気に入ったのだと思いますが、そのまま、読み返すことも無く、
その後、ヘッセの他の作品を読むこともありませんでした。

しかし、最近、ある尊敬する方に、「デミアン」を教えていただいたので、
少し、この作品について検索をかけてみたところ、
常日頃、Korva がもやもやと感じていることを、
デミアンが明確な形で言葉にしていることに、少しショックを受けて、
これはぜひとも読んでみなければ、ということで、
とりあえず近所のブックオフに行ってみたところ、
残念ながら、そこには無かったので、アマゾンで買って、読んでみました。

Korva は、小説を読んでも、
ほとんどの登場人物が自分には似てないせいか、
あまり感情移入や共感をしながら読むということがないのですが、
この作品では、登場人物が妙に自分に似ている人ばかりで、
自分の内面世界が、別の場所で、また、違う人たちによって、
展開しているような印象を持って、読むことができました。

そして、このデミアンという、美しいキャラクターによって、
自分が理想とするものの形が、少し明確になったようにも感じます。

この作品は、たぶんこの先、
何度も読み返すことになりそうですが、
もっと若い頃、できれば、10代の頃にこの作品を読んでいれば、
自分の人生が、少なくとも内面的・精神的には、
少しは違ったものになったのではないかと感じます。

しかし、何の光も手掛かりもなく、
長い年月、暗い絶望の谷をさまよい続けるということにも、
他の経験から得られない、貴重な意味があるのだとは思いますが・・・

この「デミアン」は、
マイノリティー意識やアウトサイダー意識をかかえながら、
自分の存在や生き方について、思い悩んでいる若い人には、
ぜひとも読んでいただきたい作品です。
おそらく、自分という存在や自分の生き方について、
何らかの手掛かりが得られるのではないかと思います。


| 10:59:54 | トラックバック(0) | コメント(4)

FC2Ad

まとめ