■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
S.M.S.L SA-S3 と SD-1955+ のコンデンサー
Korva の持っている、S.M.S.L のアンプ、SA-S3 は、買ったときから、
片方のチャンネルから、「ブーン」というハム・ノイズが出ていました。

そして、同じく S.M.S.L の DAC、SD-1955+ が最近、
電源を入れると「ピー」という音が出るようになりました。

これは、どこかに異常があるのだろうということで、
テスターを購入して、コンデンサーの極性チェックをしてみたところ、
両方とも、1箇ずつ、間違って取り付けられている箇所がありました。

sa-s3_20160615


上の画像は、SA-S3 ですが、
白い入力カップリング・コンデンサーと電源スイッチの間にある電解コンデンサーが、
プラス・マイナス逆に、取り付けられていました。

このコンデンサーは、アンプIC のレギュレーターが出力する、
5V電源の平滑用コンデンサーなので、
ここのコンデンサーが逆に取り付けられていたと言うことは、
レギュレータの5V出力が、全く平滑されずに、
アンプIC の、5V入力端子に接続されていたわけですね。

画像の、緑色のコンデンサーは、
新たに取り付けたもので、6.3V 1000μF のものです。
もともとは、16V 220μF だったので、容量をかなり増やしました。
5Vラインなので、6.3V でも問題はありません。

試聴したところ、「ブーン」というハム・ノイズは全く無くなりましたし、
無音時に音量を最大にしても、ヒス・ノイズもほとんど聴こえません。

音のクオリティー自体も、修理前より、かなり向上し、
クリアーでしっとりした、ナチュラルな音になりました。
これが、SA-S3 の本来の音ということでしょうね。

そして、DAC の SD-1955+ です。

sd-1955_20160615


上の画像のC23の部分の電解コンデンサーの向きが逆でした。
(画像のコンデンサーの向きが、正しい方向です)

C23のコンデンサーを外してみたところ、
基盤の表示とコンデンサーの向きは同じだったので、
工員さんが間違って取り付けたわけではなく、
基盤の表示自体が、間違っているようですね。
(ということは、不良品がかなり出回っている?)

ネットで検索してみたところ、外国のサイトですが、
やはり、このコンデンサーの向きの間違いについて、
指摘したものがありました。

このコンデンサーの役割は不明ですが、
他に同じコンデンサーを使っている場所が無かったので、
(カップリング用やフィルター用だと複数あるはずなので)
何かのデカップリング用だろうと推測し、
ならば容量を増やしても問題は無いだろうということで、
もともとは、16V 47μFのものでしたが、
10V 220μF のものを新しく取り付けました。
電源が9Vなので、10Vで問題ありません。

そして、試聴したところ、「ピー」という音は全くなくなりました。
SD-1955+ の音は気に入っているので、
これでまた、しばらくは楽しめそうです。

しかし、アンプもDACも、そんなに沢山 持っているわけではありませんが、
同じ人間の所に、不良品が2台とは、なかなかの確率ですね。
QC PASS というシールは、ちゃんと貼られていますが・・・

Topping のDAC、D2 も一度 壊れて、交換してもらったのですが、
交換してもらう前と比べると、(悪い方向に)かなり音が変わったので、
これも、怪しいですね・・・

一応、チェック方法を書いておきます。

フィルム・コンデンサーやセラミック・コンデンサーには、
極性が無いので問題ありませんが、
電解コンデンサーは極性があるので、
方向を間違って取り付けられる可能性があります。

テスターを電圧測定モードにして、
アンプやDACの基盤を通電させた状態にして、基盤の裏側から、
電解コンデンサーのプラス端子に、テスターのプラス端子を当て、
電解コンデンサーのマイナス端子に、テスターのマイナス端子を当てたとき、
テスターの表示がプラスの値であれば、OKですが、
もし、マイナスの値であれば、
電解コンデンサーの向きが間違っているということです。


関連記事
スポンサーサイト
オーディオ | 13:08:43 | トラックバック(0) | コメント(8)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。