■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Forked BLH Ansio-S08 完成
Forked BLH (分岐BLH)の Ansio-S08 が完成しました。

ansio-s08_20250901


内部構造は下の様になっています。

ansio-s08i_20150901


音の方は、デュアルBLHのように、
何の欠点も無いという風にはいかず、
サイン・スイープでは、シングルBLHのように、
低域で、周波数特性の凸凹を感じますが、
その凸凹は、シングルBLHよりは穏やかな感じなので、
ホーンを分岐させ、開口部までの長さに違いを持たせたことによって、
いくらか、ホーンの癖を分散させる効果があったのだと思います。

中域、高域はBLH 的な癖が少なく、
低域には、厚みと適度な硬さ、BLH らしい迫力がありますし、
ローエンドは30Hz辺りまで伸びており、
このサイズのBLHとしては、優秀な特性だと言えます。

そして、ボーカル帯域は、比較的フラットなようで、
そのクオリティーは、シングルBLHより、明らかに高く、
デュアルBLHに迫るクオリティーです。
BLHで感じる、メガホン的な質感は少なく、
ダイナミックレンジが広く、開放的で、
伸びやかで素直なボーカル再生です。
このボーカル再生は、非常に気に入りました。
Ansio-S08 で聴くボーカルは、胸に迫るものがあります。

実際に音楽を聴いて感じる印象は、特に欠点らしい欠点も無く、
非常に良く出来た、完成度の高いシングルBLH のような音だとも言えますが、
では実際に、シングルBLHで、
このクオリティーの音を実現できるかと言えば、
ちょっと難しいかもしれません。
特に、このボーカルのクオリティーは、
このサイズのシングルBLHでは、
おそらく無理だと思います。

シングルBLH は、音楽鑑賞などでは問題を感じなくても、
映画の鑑賞などでは、セリフの再生に問題を感じることがあります。
というのは、音楽再生における癖は、
そのホールや、録音現場の、「音響的な癖」だと解釈されて、
心理的に許容されますが、
映画のセリフなどでは、
様々な音響的な癖を持つ、それぞれの場面で、
ごく自然なボーカルの再生というものが求められるので、
シングルBLHが原理的に持つ癖が、あらわになる場面というのが、
どうしても、どこかに出てきてしまうのです。

そして、その様な、
様々な音響的な癖を持つ、それぞれの場面における、自然なボーカル再生という、
シングルBLH では、完全には応えきれない要求にも応えられる能力が、
Forked BLH には、あるようです。

Forked BLH は、実際の構造もそうですが、
音的にも、シングルBLHとデュアルBLHとの中間的な存在だと言えそうです。
ただし、ボーカルのクオリティーは、中間よりは上ですが。

しかし、このエンクロージャーは、コンパクトなのは良いのですが、
製作には結構 手間がかかるので、この手間をかけるのなら、
もう少し頑張って、デュアルBLH を製作したいなぁとも思いますし、
製作者としては、評価が難しいエンクロージャーです。

もう少し簡略化できれば、製作にかかる手間と、
再生音から得られる満足度とのバランスが取れるかもしれません。

この形式は、前面開口型にするとルックスが良さそうなので、
そのうち、前面開口型の Ansio-F08 を作るかもしれません。

とりあえず、Forked BLH の音を知ることができて、満足しました。


関連記事
スポンサーサイト
Ansio-S08 | 11:31:50 | トラックバック(0) | コメント(2)
Heavenly Blue
西洋朝顔の「ヘブンリー・ブルー」が咲きました。

heavenly_blue_2015


中心の白から、
快晴の青空のような色に変わってゆく、
爽やかなグラデーションが美しいです。

この花は、日本朝顔に比べると、開花期が遅く、そして長いようで、
8月下旬頃から咲き始め、晩秋のころまで楽しめるようです。
日本朝顔は夏の花ですが、西洋朝顔は秋の花ですね。

もう20年以上前になりますが、
曽野綾子氏の「天上の青」という作品を読んだ時に、
主人公がこのヘブンリー・ブルーを育てていたことに興味を引かれて、
Korvaも、ヘブンリー・ブルーを育ててみました。

その時は、普通の朝顔に比べて、
やや小ぶりな花が沢山咲いたように記憶していますが、
快晴の青空のような、爽やか花色が印象的でした。

その時のヘブンリー・ブルーの花色が懐かしくなって、
パートナーに話してみたところ、種を買ってきてくれたので、
久しぶりに育ててみたのですが、
やはり、名前そのままの、爽やかな花色が素晴らしいですね・・・

花の大きさが、日本朝顔よりも小ぶりなためか、
花姿も、ダランとならず、凛として美しいです。


関連記事
自然 | 13:55:33 | トラックバック(0) | コメント(10)
Joined Back Loaded Horn
また、新型BLH の妄想ネタなんですが、
Joined BLH (合流BLH) です。

joined_blh

基本的には、Forked BLH と同じく、Dual BLH の簡易バージョンで、
Forked BLH の逆の構造を持っています。

Forked BLH は、ホーンのスロート部分を共有していて、
開口部が分かれた構造でしたが、
Joined BLH は、スロート部分が独立していて、
開口部を共有しています。

Joined BLH のメリットとしては、
大きな体積を必要とする開口部付近を共有できるので、
Dual BLH よりも、コンパクト化できることや、
ショートホーン側も、大きな開口部を持てること、
などが考えられます。

Korva の直感では、
Forked BLH よりも、こちらの構造のほうが、
より Dual BLH に近い、クオリティーの高い音が得られると思います。

しかし、実際に作ってみるとなると、
Dual BLH よりも、1枚か2枚、部材を少なくできる程度なので、
それなら、Dual BLH を作ったほうがいいかなぁ、
ということになるとは思いますが・・・


関連記事
バックロードホーン | 10:03:23 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

まとめ