■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Torvi-SL10a の試聴
Mark Audio Alpair7p用のBLHエンクロージャー Torvi-SL10a が完成しました。

torvi-sl10a_20150303


現在、エージングをかねて視聴しておりますが、
なかなか完成度の高いエンクロージャーに仕上がったと思います。

Torvi-SL10aの基本的な構造は、8cmフルレンジ用のTorvi-SL08と同一ですが、
Alpair7pのバッフル開口径が、10cmフルレンジとしては大きめなので、
他の10cm用のBLHに比べると、奥行きが浅くなり、ホーン長は長めになっていますが、
Alpair7pのfsが低めなので、設計的には、かえって、ちょうど良い感じに仕上がったと思います。

ホーン鳴きなどの変な癖も出ていませんし、
ピーク感も無く、f特的には、かなりフラットな印象です。

シングルBLHとしては、ボーカル帯域の癖も無く、
女性ボーカルも男性ボーカルも自然な印象です。

そして、このエンクロージャーのドライバーである 10cmフルレンジ・ドライバーの
Mark Audio Alpair7p の実力もなかなかのものですね。
特に欠点らしい欠点も無く、10cmフルレンジとしては、ほぼ完璧な印象です。

ペーパーコーンなので、
メタルコーンのような、シンシンヒンヒン鳴る、高域での共振音も全くありません。

今のところ、鳴らし込みが足りないのか、少し硬めの印象ですが、
非常に微細な音も良く出て、ソースや再生機器の粗がそのまま出てしまうような感じなので、
どんなソースでも良い音で鳴るというわけではありませんが、
ソースがよければ、非常に繊細でクリアーな再生音が聴けます。

Alpair7pのモーターもなかなか優れているようで、低域での駆動力もしっかりした印象です。
少し長めのホーンなので、もっと低域が柔らかくなると予想していましたが、
しっかりとした芯のある、硬く明確な低音です。

低域の量感は、エージングで徐々に増えてくると思いますが、
今のところ、多くも少なくも無く、自然な量感だと感じます。


関連記事
スポンサーサイト
Torvi-SL10a | 16:44:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
水戸 梅まつり
先日、いつものウォーキングのついでに、偕楽園まで足を伸ばしてみました。

普段は、偕楽園公園や、千波湖の周辺を歩いていて、
偕楽園は、家から少し遠いので、あまり行かないのですが、
現在、偕楽園で梅まつりが開催中で、梅が見ごろのようなので、
ちょっと、遠征してみたのです。

kairakuen_20150318


上は偕楽園内の様子。
いつもは観光客もまばらで、ひっそりとしていることが多いのですが、
この日は、夕方でしたが、観光客が多くて賑わっていました。

偕楽園には、100種類以上の梅が、3000本以上も植えられているということです。
注意深く観察していると、明らかに木の形が違うものもあるのですが、
素人のKorvaには、花の色の違いや、八重か一重か程度の違いしか分かりませんね・・・

100種類というと気が遠くなりますが、
梅の種類の分類の仕方を知っていれば、
割とシンプルなんだろうなとは想像しますが・・・

木の形が5種類、花の色が7種類、花の形が3種類と仮定しても、
計105品種ということになります。
まぁ、適当なことを言っておりますが・・・

ume_20150318a


ほんのり桜色の可愛い梅の花ですね。
春だなぁという感じです。

ume_20150318b


八重の赤い梅の花。
これを見ると、梅がバラ科の植物だというのが、なんとなく分かります。

ume_20150318c


普通の梅の花ですが、他の梅に比べると清楚な印象がしたので気に入ったもの。
家に帰ってきてから確認すると、がくの色が赤ではなくて緑色なんですね。

kairakuenkoen_20150318a


てくてく歩いていると、
「梅も良いけど、桜に比べると、ねぇ?」
なんてことを言う、観光客の声が聞こえました。
確かに、花だけを見ると、桜の方が断然良いとは、Korvaも思いますが、
多分、「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」と言われる様に、
梅のほうは、剪定され、整えられた、木の形の美しさを含めて、
鑑賞すべきものなのだろうな、などと思います。

その様に思って、偕楽園や、偕楽園公園の梅を、歩きながら眺めていると、
一般家庭の庭に植えられている梅とは、木の形の美しさが明らかに違っているので、
偕楽園や偕楽園公園の木の剪定に携わっている職人さんの腕前は、
なかなかのものだなぁなどと思ったりします。

Korvaは、今のところ盆栽の趣味は芽生えていませんが、
剪定され、整えられた梅の木の形を眺めていると、
自分でもやってみたいような衝動に駆られます。

できるだけ、仕事量を少なくして、かつ木を美しく見せようとすると、
木のもともとの形を活かして、少し刈り込むことで形を整える、
という手法になると思いますが、
水戸くらいの規模の都市には、偕楽園公園は規模が大きすぎるので、
自然とその様な管理方法になってくるのだろうとは思います。

ということが理由かどうかは知りませんが、
偕楽園公園は、隅々まで管理の行き届いた日本式庭園というよりは、
少しほったらかしの、イギリス式の庭園っぽくなっているような気がします。

ゼロから均整の取れた美を生み出す意識的な方法に比べて、
日本的な美の方法は、混沌の中に美を見出したり、
混沌に少し手を加えることで美を作り出したり、
または、意識的に美しい混沌を作ろうとすることが多いと感じます。

日本人は自然の美に重きを置いていると言うこともできますが、
あるがままの自然の美よりも、それに少し手を加えることで、
より洗練された自然の美を生み出したいという意識があるのかもしれませし、
表層意識が生み出すシンプルな美ではなく、
表層意識の理解を超える、より複雑な美を体験したいという意識かもしれませんね。

偕楽園公園の美は、その中間的な状態のように感じますが、
Korva的には、この状態は割りとバランスが良くて、
脱力感もあり、心地よい感じがします。

まぁ、Korvaは結構 耽美的な人間なので、
どちらの美も好きなんですが・・・


関連記事
お散歩 | 15:12:20 | トラックバック(0) | コメント(2)
Harmonia 大体 完成

harmonia_20150325


Harmonia が、大体 完成しました。

見ての通り、フルレンジ部が、逆ホーン型の密閉式エンクロージャーのKirkas-08ではなく、
バスレフ型エンクロージャーの Laulu-08II になっています。

フルレンジ部が、密閉型のKirkas-08だと、
どうしてもミッド・ローの厚みが足りず、周波数特性的に中だるみ感があり、
ミッド・ローの質感的にも、硬さや解像度が足りないような印象があったので、
とりあえず、このHarmoniaのシステムでは、Kirkas-08はお蔵入りにして、
フルレンジ部には無難に、バスレフ型のLaulu-08II を採用しました。

しかし、Kirkas-08は、音質的に癖が無くて気に入っているので、
また何かの機会に流用できればとは思っています。
かなり高い帯域まで再生できる、コーンが露出したタイプのサブウーファーとは、
相性が良いような気がするんですけどね・・・

というわけで、Harmoniaの主役は、バスレフ・エンクロージャーのLaulu-08IIという、
あまり面白くないことになってしまいましたが、
結果的には、8cmフルレンジのシステムとしては、非常にナチュラルかつ超ワイドで、
何の不満も無い、クオリティーの高いシステムに仕上げることができました。

フルレンジ部の変更で、
ミッド・ローの再生は、フルレンジ部に任せることができるようになったことから、
サブウーファーの再生帯域をかなり低い帯域に限定できるため、
ローエンドを伸ばせる上に、フルレンジ部の音に重なる部分を少なくでき、
結果的には、よりハイクオリティーでよりワイドなシステムになりました。

サブウーファーのPerustus-13は、設計的に上手く行ったようです。
ローエンドは、23Hz辺りで、25Hz辺りから実用的な出力があります。
ローエンドは、エネルギー的にもう少し伸ばせるような印象がありますが、
長さ調節可能なダクトがこれ以上伸ばせないので、
今のところこんな感じです。
そのうち、厚紙か何かで、延長ダクトを作って実験してみたいと思います。

長岡鉄男氏は、両面ダクト式のサブウーファーの容積比は、
1:1 が基本と、どこかに書いていましたが、
このように、超低域までフラットに伸ばすためには、
原理的には、1:4 程度にする必要があると思います。

そして、サブ・ウーファーには、ハイカット・フィルターは必須ですね。
フィルター無しだと、サブ・ウーファーの音がフルレンジ部に重なって、音がぼやけてしまう上に、
アンプのパワーが、ウーファーに取られてしまうので、小出力のアンプだと厳しくなります。

今のところ、Perustus-13には、計7.8mHのコイルを使って、
6dB/octでハイカットしていますが、
両面バスレフ式は、構造的に音漏れも少ないので、
フルレンジ部の音を濁らせることもなく、Laulu-08II とスムーズにつながっています。

ツイーターはおまけ程度のものですが、フルレンジ部の音色に影響がない程度に、
0.22μFのコンデンサーで繋いで、かすかに鳴らしています。
耳をツイーターに近づけると、チッチッとか、シュッシュッとか鳴っている程度です。
ツイーターがあると、フルレンジの振動板が重さから解放されたように、軽やかになりますが、
8cmフルレンジなので、ツイーターを鳴らしすぎると、音が軽くなり過ぎるようですね。


関連記事
Harmonia | 14:37:56 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ