■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

さよならブラックバードの後書き
考えているだけでも、少し心が荒んでくる記事を続けて書いてしまったので、
今回は、ネットで読んで、じんわりと優しい気持になった、
景山民夫氏の『さよならブラックバード』の後書きの一部を紹介させていただきます。

彼の著作は、十代の頃、『遠くの海から来たCOO』とエッセイ集を読んだくらいですが、
今となっては、内容を思い出そうとしても、なかなか思い出せません。
でも、この短い後書きの一部は、ずっと記憶に残りそうです・・・




僕はいまから八年程前に長女を亡くしました。

彼女は生まれたときから重い障害をもった子供で、
十八年間の人生の中で一度も自分の力でベッドから起き上がることが出来ない生活を送り、
そして死にました。

生まれてすぐからミルクが巧く飲めず、いつまでたっても首が据わらないままで、
やがて視力が、そして聴力が失われ、身体の発育も健常児に較べればずっと悪く、
四肢の関節は曲がり、自分の手で食事を摂ることも出来ないままで生涯を終えました。

最後の七年間は親戚の経営する病院に入院し、
僕自身は仕事が忙しかったせいもあって、月に三、四度病院に見舞いに行くのが精一杯、
という状態で良い父親とはいえなかったかもしれません。

それでも見舞いにいったときに天気がいいと、
僕は娘を抱いて窓際に連れて行き、太陽の光を浴びさせてやることにしていました。

すると、視力のないはずの彼女が、光を感じ取ってさも嬉しそうにニッコリと笑うのです。
目は見えなくとも光を感じ取る事はできるのです。

それは父親である私にとっても至福の時間でした。

さて、ここからはちょっと不思議な話になります。

急な死だったために、僕があわてて病院に駆けつけたのは死後一時間ほどしてからでした。
娘は既に冷たくなっていて、一八歳にしてはずいぶん小さな体をベッドに横たえていました。

その夜、通夜が営まれ、お棺に入れられて祭壇に安置されている娘の遺体を目にしたとき、
僕はなぜか「あ、もう肉体から魂が抜け出してしまっている」と感じたのです。

ふと祭壇の上の方を見ると、そこに娘がポコンと浮かんでいました。
それは、生前の肉体の姿ではなく、白く光る玉のように僕の目には見えました。

無事にお通夜を終え、僕は翌日の葬儀に備える為に教会の駐車場にあった車に戻りました。
車のエンジンをかけたときに、僕は助手席に死んだ娘がいる事に気がつきました。
さっきと同じ光る球体のようでした。「一緒にお家に帰るか」と僕は娘に声をかけました。
彼女は、「うん、一緒に帰る」と答えました。

不思議なことです。

生きているときは、言葉が喋れないために一度も会話をしたことがない彼女と、
死んだ後ではまるで普通の人と同様に会話ができるのです。

といっても、それは鼓膜から通して伝わってくるものではなく、
直接僕の心に語りかけてくるテレパシーのような通信手段でしたが、
それでも意思は完全に通じあっていました。

いろいろなことを語り合いながら、車を運転していくと、途中で雨が降り始めました。
家に着いたときもまだ雨は降り続いており、
彼女は「そうかぁ、雨ってこういうものなんだ」と感激していました。
ずっと室内で暮らしていた彼女は、雨というものを実体験したことがなかったのです。

その後、娘は(ヘンな話ですが)自分の葬儀にも出席し、
しばらく我が家に滞在していました。

その間に
「お前はなんであんな不自由な身体を選んで生まれてきたのだ」
と尋ねたことがあります。
娘の答えはこうでした。

「他の理由はあるけど、私が生まれる前のパパの心の状態のままだと、
 パパは弱者に対してのやさしさが持てない人になっていたかもしれないの。
 それで私は重い障害をもってパパの娘に生まれたの」

この言葉は僕にとって目からウロコが落ちるようなものでした。

たしかに、思い返してみれば当時の僕にはそういった傾向があったのかもしれません。
やがて娘は、「もう天に帰るから」と言って去っていきました。

痛く、辛く、悲しい人生ではあったと思いますが、
彼女の一生は無駄でも敗北でもありませんでした。
障害をもつ子として生まれて、僕に思いやりの大切さを気づかせてくれたのですから。

これはすべて本当の話です。

もう一度言いましょう。
どんな人生でも無駄や敗北はないのです。
大切なのは無駄や敗北とみえたことから、何を学び取るか、なのです。


関連記事
スポンサーサイト
スピリチュアル | 12:28:45 | トラックバック(0) | コメント(8)
朝日新聞の訂正記事
朝日新聞が、今日の朝刊で、慰安婦の強制連行の根拠にしていた、
吉田氏の著書に対する見解を訂正したようです。


「済州島で連行」証言 裏付け得られず虚偽と判断
http://www.asahi.com/articles/ASG7L71S2G7LUTIL05N.html

Korvaが慰安婦の記事を書いて、すぐのことだったので、
不思議なシンクロニシティーを感じます・・・

そして、今日付けの朝日の記事で、以下のようなものもあります。

「挺身隊」との混同 当時は研究が乏しく同一視
http://www.asahi.com/articles/ASG7M01HKG7LUTIL067.html

女子挺身隊は、戦時下で女性を軍需工場などに動員した「女子勤労挺身隊」を指し、慰安婦とはまったく別です。当時は、慰安婦問題に関する研究が進んでおらず、記者が参考にした資料などにも慰安婦と挺身隊の混同がみられたことから、誤用しました。

とのことですが、どう考えても、
人々の無知に付け込んで意図的にやってましたよね。
ネットで、段々と真実が広まってきたので、
これ以上、嘘をつきとおすのは難しいと判断したのでしょう。

しかし、国家や民族の尊厳に関わる重大な事柄について、
確かな裏づけも取れないまま、無責任な報道を繰り返すことで、
これだけ日本を貶めてきたことに対して、
朝日新聞は、これから、どのように責任をとっていくのでしょうか?


関連記事
歴史 | 10:22:13 | トラックバック(0) | コメント(4)
今年のサギソウ
今年も成就院池公園に、パートナーとサギソウを見に行きました。

sagisou2014a


時期的には、少し早めの、8月3日でしたが、
枯れた花やしおれた花がなく、みずみずしいサギソウを鑑賞できたので、
かえって良かったかもしれません。

sagisou2014c


実は昨年も、最盛期の頃に見に行ったのですが、
疲れていたのか、結局UPできずじまいで、少々もったいないことをしました。

昨年は、ちょうどサギソウの品評会が開かれている日に行ったので、
サギソウを育てている方たちの作品も楽しめましたし、
無料のかき氷などもご馳走になりました。

sagisou2014b


カメラは、コンパクト・デジカメの OLYMPUS SZ-14 ですが、
被写体が小さいと、望遠にして背景をぼかせるので、結構良い雰囲気に写ります。

今年は、咲き始めの時期だったので、
Korva達以外には、ほとんど花見客もいなくて、ゆっくりと鑑賞できました。

sagisou2014e


サギソウ独特の透明感や、繊細な美しさに心を打たれます・・・

何の理由があって、こんな形をしているのか不思議ですが、
本当に飛翔する白鷺のような姿です。


帰る途中、久しぶりに BOOK OFF に寄ってみたところ、
サン=テグジュペリの「夜間飛行」と、
スピッツのアルバムの「フェイクファー」が気になったので、買ってみました。
このアルバムには、スピッツの曲の中で一番好きな「楓」が収められています。

fake fur


ジャケットの女性が、池脇千鶴に似ていますね。
そういえば、パートナーも昔、池脇千鶴に似ていました。
なんとなく・・・


関連記事
自然 | 11:05:28 | トラックバック(0) | コメント(10)

FC2Ad

まとめ