■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Torvi-SL08 の製作開始

Torvi-SL08_20140201


側面開口型のバックロードホーン、Torvi-SL08 を作り始めました。

以前 作った、Torvi-S08IIより一回り大きく、ホーン長は160cm程度です。
8cmフルレンジ用としては、結構 大きめなサイズです。

最近、ユニットの持つf0によって、
自ずと最適なホーン長が決まると感じていますが、
160cmというのは、8cmフルレンジにとっては、
悪くないホーン長だと思います。

設計的にも問題が無いので、結果が楽しみです。
しかし、期待していると上手く行かず、あまり期待していないものは、
意外にも上手く行くということが、割とよくありますが・・・

開口面積も144cm2 と、
16cmフルレンジの振動板面積より大きく、
スピーカーとして、大きくも無く小さくも無く、バランスの良いサイズです。

エンクロージャーは、大きくしようとすれば、いくらでも大きく出来ますが、
8cmフルレンジの持つ駆動力からすれば、
この位が、バランスが取れる、ぎりぎりのサイズのような気もします。

新しいスピーカーを作り始める前に、
ホームページの Halmonia や Laulu-D10 のページを、先に作るべきなのですが、
なんとなく、こちらを先に作り始めてしまいました・・・

ブログの文章は、脱力して書いているので、
それほど負担には感じないのですが、
ホームページの方は、割と真面目に書いているので、
書き始めるのに少し気合がいるようで、
少しばかり億劫なのです。


関連記事
スポンサーサイト
Torvi-SL08 | 11:24:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
Torvi-SL08 の試聴
いや~、寒いですね。
昨日は、ここ茨城でも雪が積もりました。

snow_20140206


日本海側ではいつも降っていますが、
太平洋側の関東で雪が降るのは割りと珍しいですね。

関東の南を低気圧が通過する際に、太平洋上で湿った空気が、
東北の方向から流れ込んでくる時に雪が降るようですね。
なので、北西から山越えの乾いた風が吹いてる真冬よりは、
冬から春になりかけの、風向きが変わる頃に降りやすいのですね。

それはさておき、8cmフルレンジ用のバックロードホーン、
Torvi-SL08 を組み立てました。

Torvi-SL_i_08_20140206


以前 作ったTorvi-S08やTorvi-S08IIよりも、
音道が1本増えているのが判るかと思います。
一回り大きくなったので、ホーン長も30cm程度長くなっています。

Torvi-SL08_20140206


裏板を接着しない状態での試聴では、特に癖も無く問題を感じなかったので、
裏板を接着した状態で、試聴してみましたが、
これはなかなか良い出来だと思います^^

低域のディップも生じていないようだし、ピーク感も感じません。

エンクロージャーの大きさが、8cmドライバーにはちょうど良いのか、
低域の厚みが自然で、ローエンドも40Hz以下まで伸びています。

8cmフルレンジは、密閉型やバスレフだと、あまり大きなスケール感が出ませんが、
バックロードホーンで使うと、低域になるのにしたがって、ホーンが効いてくるので、
実質的な振動板面積も、低域になるのにしたがって増えるため、
8cmフルレンジだと思えない、浪々としたスケール感が出ます。

ホーンによって生じるピークやディップの周波数は、
ホーンの長さに大体比例しますが、Torvi-SL08のホーン長は、
ローエンドの伸びも、音楽を聴く上では十分ですし、
聴感上、低音感を感じる部分に適度な厚みがあり、
「ドスン」と来てほしいところで、
ちゃんと「ドスン」と来てくれるので、
音楽を聴いていて楽しいですね。

女性ボーカルも特に癖が無く、
男性ボーカルも細くならず、妙な響きが乗ることも無いようです。

これは、なにやら傑作機になりそうな予感が・・・

短めのホーンに比べると、ミッドローが少し柔らかくなりますが、
かえってこの程度の方が、ミッドローの耳当たりが良くて、
長時間リスニングでも聴き疲れしないようです。

エンクロージャーの大きさも、
8cmユニットに比べて大きすぎる感じもありませんし、
音的にもルックス的にもバランスが良い感じがします。

関連記事
Torvi-SL08 | 14:40:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
雪の偕楽園公園
2月9日の朝に、
前日から降り続いた雪で、どのような景色になってるかを見るために、
偕楽園公園に行ってみました。

一面の銀世界ですねー。

南関東では、数十年ぶりの大雪とのことですが、
茨城では、せいぜい数年ぶりの大雪という感じでしょうか?

koen_20140211


偕楽園公園は、日本3名園の偕楽園と一続きになっている公園で、
都市公園としては、ニューヨークのセントラルパークに次いで、
世界第2位の規模とのことです。
画像は、公園のほんの端っこのところだけで、全容は写せません。

しかし、大都市の中にこの公園があれば、さぞかし見栄えがすると思いますが、
水戸は、車で15分も走れば田園地帯に出ますし、
市街地の密度が薄く、都市と自然の対比があまり鮮やかでないせいか、
大きさの割には少しインパクトが薄い印象ではあります。

この偕楽園公園は、家から徒歩5分位のところにあるので、
ヒロちゃんが生きていた頃は、毎日散歩に通っていたのですが、
最近では、めったに行かなくなってしまいました。

yukidaruma2014


朝の10時頃に行ったのですが、すでに雪だるまがありました。
積雪量がそれほど多くないので、枯れた芝生が混じって、あまり綺麗とは言えません・・・

mito_20140211


公園から望む水戸市街地。
左端にある、クネクネしたタワーが水戸のシンボルタワーです。
らせん状に巻いたチタン製のタワーで、高さは100mです。

koubuntei_20140211


で、これは、公園から見える好文亭。
水戸藩の第九代藩主、徳川斉昭の別荘の様なものです。

好文亭は、先の震災でダメージを受けて修復したのですが、
昨年、修復完了のお披露目として、無料で見学できる期間があり、
そのとき初めて入ってみたのですが、昔の日本人の洗練された美意識や、
華美に流されない、抑制された贅沢さというものに感銘を受けました。

外から見る好文亭は質素で、それほどの文化財には見えず、
有料の時には入ろうという気にはならなかったので、
たまたまですが、非常に良いものを見ることができて、目の保養になりました。

昔の日本は、色々と不便も多かっただろうと想像しますが、
美に対する意識ということでは、かなりレベルが高かったのではないかと思います。

Korvaは日本の古い文化が大好きで、
こういうものを見ると、あらためて日本人に生まれて良かったなぁと感じますが、
いくら良いものでも、今のライフスタイルに合わない文化は、
段々と廃れていく定めということもあり、今の時代に生きているのは、
好きなものが徐々に消えていく様子を眺めている感じでもあります。

ところで、Korvaが子供時代を過ごした昭和は、
変化が激しく躍動感がありましたが、美意識と言うことでは、
日本史において、かなり特殊な時代だったのではないかと感じます。
乱雑で洗練されてなく、非常に日本らしくない過渡的な時代と言うか・・・

しかし、平成になってから、また徐々に、
日本本来の、洗練された美意識を取り戻しつつある様にも感じます。
昔の日本の文化とは、かなり違ったものになるでしょうが、
昭和の時代には無かった、日本らしい繊細なセンスを感じることが、
以前より多くなっているように思います。

なんとなく、話がずれてきましたが、
しばらく、雪をザクザク踏みながら、写真を撮りつつ歩いていると、
子供の頃、新聞配達のアルバイトをしていた時の記憶が蘇ってきました。

Korvaは小学生4、5年生の頃から数年間、新聞配達をしていました。
パソコンとかゲームソフトとか、色々と欲しいものがあったのですが、
いかんせん、小遣いでは買う事ができない値段だったので、
新聞配達でお金を貯めて、そういうものを買っていました。

冬以外の季節は自転車で配達していたのですが、
冬は雪が積もっていたり、道路が凍結していて危険なので、徒歩で配達していました。
今考えると、給料が安くて割に合わない仕事だったなあと思いますが、
少年時代にパソコンを買ったおかげで、色々と面白い経験ができましたね。


関連記事
お散歩 | 15:32:33 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ