■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

段ボール平面バッフル
Korvaは、バックロードホーン中心に開発していますが、
基本的には、シンプルなものが好きで、
平面バッフルなんかも作ってみたいと思っています。

ob_20130807


上の画像は、今 妄想中の平面バッフルです。
最近、なんだか妄想ネタが多くて申し訳ないですね・・・
上の絵は バランス的に、ユニットが少し大きすぎますね。
実際は、もう少し小さくなるはずです。

obp_20130807


上の絵のような積層したダンボールのパーツを4つ作り、
それを2枚の板で挟んだ構造で、内部は下の絵のようになっています。

obi_20130807


つまり、基本的には、積層した段ボールを音道として利用しようということですね。
段ボールの断面を見れば判りますが、ストローを並べたような構造になっているので、
これをある程度の厚さに積層して断面積を確保すれば、音道として利用できるわけです。

上の絵では、ユニットの背面の音が、
①、②、③、④、の各音道を通ってエンクロージャー外にでてくるわけですが、
4つの音道は、①→②→③→④の順で、
ユニットから出口までの距離が長くなります。

なので、ユニットを左右対称の位置に取り付けても、
振動板背面の音が、振動板前面の音に干渉することによって生じる、
周波数特性上の乱れを分散することができます。

そして、段ボールは音道として機能するだけではなく、
吸音材としても機能するので、この積層した段ボールの音道を通る過程で、
振動板背面の音がかなり減衰し、振動板前面の音と相殺される量が減るので、
普通の平面バッフルに比べると、低音が豊かになり、
f特の乱れも少なくなると考えられます。

ちなみに、このエンクロージャーは、このページを見て思いついたものです。
http://gigazine.net/news/20120411-sound-absorbing-material/

段ボールをスピーカーに使うということには、
拒否感を感じる方もいるかとは思いますが、
段ボールは内部損失が大きく、なかなか良い素材だと思います。
内部損失の小さい素材は振動すると、その付帯音が目立つので、
強度を増して振動させないようにする必要がありますが、
段ボールなどの内部損失の大きい素材は、
振動しても、なぜか、付帯音が目立ちません。
ロクハンを大きな段ボール箱にポン付けしただけでも、
結構いい音がするんですよね。
もちろん、箱はビリビリ振動するんですが、
なぜか嫌味のないナチュラルな音です。

しかし、このエンクロージャーは、段ボールの音道を通って、
振動板背面の音圧が抜ける構造なので、
普通の平面バッフルに比べると、ユニットの背圧が大きくなります。
段ボールの積層を増やせば、背圧が下がり、吸音率も良くなると考えられますが、
作るのは大変になりますね。

段ボールの厚さが5mmだとすると、10cm積層するのに20枚、
さらに、それを4つ作らなければならないので、
結局、バックロードホーンを作るより、
大変だと言うことになるかもしれません・・・
でも、いつか作ってみたいなぁと思っています。

関連記事
スポンサーサイト
妄想スピーカー | 16:58:41 | トラックバック(0) | コメント(6)
Korva 断酒継続中
Korvaは最近、こちらのブログに影響されて、断酒をしております。
「自由人のカルマ・ヨガノート」
こちらのブログ主様は、最近断酒1000日を達成されたようです。
素晴らしいですねぇ。

Korvaは、断酒連続何日というより、習慣的な飲酒を止めるという感じですが、
なんとなく飲まなくなってから、1ヶ月以上は経ったかと思います。
最近、以前よく飲んでいたチューハイの、ぶどう味の新製品が出ていたので、
興味本位で、ついつい手が出てしまいましたが、
なし崩し的に飲酒を再開するということもありませんでした。

もともと、アルコールには強い体質のようで、飲んでも酔わないせいか、
飲まなくなっても、それほど脳がアルコールを欲しているという感じがありません。
このまま、特に問題も無く断酒できそうな気がします。

もしかすると、アルコールに弱い体質の人のほうが、
脳が酔う快感を手放したくない分、断酒は難しいのかもしれませんね。

Korvaの場合、飲めば少しは気分が良くなるくらいの変化はありますが、
飲んでも酔わないので、脳の快楽中枢にとって、
飲酒自体、それほど意味の無い行為なのかもしれませんね。
多分、飲んだときの変化の少ない人ほど、断酒が容易なのかもしれません。

しかし、今までに一度も本格的に酔ったことが無いので、
一生に一度くらいは、べろんべろんに酔っ払ってみたかったですね。
それくらい、全く酔わないのです・・・

で、断酒を始めて何が変わったかというと、先ず、体重が減りました。
4kg位は減ったでしょうか。
もともと、Korvaはアンガールズのような細長い体形なので、
4kg減ると言うのはかなり大きいのですが、
特に体力が低下したようには感じません。
むしろ、ずっと悩まされていた、慢性的な疲労感が軽減されたように感じます。
肝臓がアルコールの分解をするという余計な仕事から解放され、
無駄に体力を使わなくなったからでしょうか?

少し前に、夏風邪で寝込んでいたときは、同じくらい体重が減りましたが、
このときは座っているのもしんどいという位に、体力が低下しました。

その他の効果として、当たり前ですが、無駄な出費が減りました。
毎日お酒とおつまみを買っていると、結構な額になります。
毎日、最低200円としても、月に6000円以上になりますから、
毎月CD2枚とか8cmフルレンジ1ペアとか中華デジアンとかを買える額ですね。

今のところ、断酒によって、何か生活上の楽しみが失われたと言う感じもありませんし、
特にデメリットを感じないので、このまま断酒を続けてみようと思います。
状況的に飲まなければいけない様な時は、
普通に飲むだろうと思いますけどね。


関連記事
健康 | 13:48:54 | トラックバック(0) | コメント(2)
Laulu-08Ⅱ と FF85WK


Fostex FF85WK 用の Laulu-08Ⅱを作ってみました。
変更点は、ドライバーの取り付け穴の開口径のみです。

Tang Band の8cmフルレンジの取り付け穴はΦ86mmで、
Fostex の8cmフルレンジの取り付け穴がΦ83mmなので、
Fostexの8cmも、Laulu-08Ⅱに取り付けるとこができるのですが、
取り付け穴が大きすぎるため、パッキンがずれやすく、気密性に問題があるので、
Fostex用に、ドライバーの取り付け穴がΦ83mmのLaulu-08Ⅱを作ってみたわけです。

laulu-85_f

上のグラフは、シミュレーションによる周波数特性ですが、
8cmフルレンジの小型バスレフシステムとしては、完璧な特性ですね。

実際の試聴では、TangBandのW3-582SC版のLaulu-08Ⅱと比べると、
少し低域が控えめに感じますが、特に問題も無く、バランスの良い音です。
しかし、FF85WKは、聴き始めに、高域の金属的質感が少し気になりますね。
10分ほど聴いていると、気にならなくなりますが・・・

FE83Enでも試してみましたが、
FF85WKでは、ドライバーとエンクロージャーが一体化して鳴っている感じなのに対して、
FE83Enだと、少しばかり、この一体感が薄れ、ドライバーが勝手に鳴っている感じがあります。
やはり、FE83Enには、ダクトのチューニングが低すぎるようですね。

laulu-83_f

上のグラフは、ダクトを9mm短縮したLaulu-08Ⅱに、
FE83Enをマウントした場合のシミュレーションによる周波数特性です。
まぁまぁの感じですかね・・・
本当は、もう少しダクトを短縮して、板厚のみのダクトにした方が、
低域の厚みが増して、特性的にはよいのですが、
ボーカルの最低音の80Hzまでは、何とか再生したいので、
この辺りがぎりぎりな感じではあります。

実際に聴いてみて、板厚のみのダクトの方が良ければ、
その方が作るのも楽でいいですけどね。

しかし、FE83Enは、エッジの材質が変わってから、f0が高くなりすぎではないでしょうか?
長岡鉄男氏によると、ローエンドは、f0の半分まで伸ばすことができるとのことですが、
FE83Enのf0は160Hzなので、この1オクターブ下がちょうど80Hzとなり、
ボーカルの最低音を、ぎりぎりカバーできる数値で、全く余裕のない特性です。

まぁ、FE83Enの場合、ローエンドが伸ばせたとしても、
低域の駆動力が弱いので、ローエンドの伸びは諦めて、
低域に厚みを持たせる設計にして、それらしく聴かせる方が良いのかも知れません。

そのうち、FE83En用のLaulu-08Ⅱも作ってみて、
ちょうどよい感じのチューニングを見つけたいと思います。


関連記事
Laulu-08 | 15:03:16 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ