■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
底面開口型バックロードホーン

bm_blh


上の画像は、最近 考えている底面開口型のバックロードホーンです。

バックロードホーンの形式について、色々と考えているのですが、
底面開口型のバックロードホーンが、総合的に見て、
最も良いのではないかという気が、今はしています。

底面に開口部があると、以下のように、様々なメリットが考えられます。

まず、開口部が見えないので、塗装などの仕上げが楽です。
と言うか、仕上げの問題が無い!
多分、このメリットが最も大きいかもしれません。

他の形式だと、例えば、前面開口型などは、
リスナーから開口部が丸見えなので、
塗装などの仕上げをする場合、かなり処理が難しくなります。

そして、開口部と床との隙間が、ホーンを延長させる働きがあるので、
エンクロージャーの大きさが同じなら、
実質的なホーン長を最も長くできますし、
開口部の面積も、この方式が最も大きくできます。
8cm用でも、開口部は、300cm2 程度(振動板面積の10倍程度)は余裕です。

また、開口部が大きいにも関わらず、
構造的に、中・高音が開口部から漏れにくいので、
再生音の品質を高めることが、比較的 容易だと考えられます。

開口部と、床面との距離が常に一定なので、
設置場所によって、特性の変化が少ない。

デザイン的に、Korva の好み!
もしかしたら、これが一番重要?

ターミナルを付ける場所の問題が無い。

などなど・・・、底面開口型バックロードホーンは、
多くのメリットが考えられる反面、
ディメリットのほうはと言うと・・・
今のところ、特に思いつきません。

近いうちに、上の絵の様なバックロードを作りたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト
バックロードホーン | 08:55:03 | トラックバック(0) | コメント(5)
夏のオーディオ
前回の更新から、少し間隔が開いてしまいましたが、
新しいプロジェクトを始める前に、
ホームページの方で、気になっていたことを片付けていました。
まだ少し、やりたいことが残っていますが、ひと段落ついた感じではあります。

今回の記事は、ちょっとした小ネタなんですが、
暑い日のオーディオについて少々・・・

暑い日も寒い日もオーディオなんて同じだろ?という感じですが、
PCオーディオだと、これが少し違うようです。

まず、オーディオプレーヤーによって、CPU に掛かる負荷が違うので、
負荷の大きいプレーヤーを使うと、冷却ファンの回転が速くなり、
PC の発するノイズが多くなります。

ホームページの方で、
スピーカーの音を録音して、You Tube に上げたりしていますが、
かなりノイズが多いのは、PCの冷却ファンの発するノイズが原因です。

特に、Frieve Audio などは、HSC 機能などを使うと、明らかに音質は向上しますが、
冷却ファンの発するノイズがとてつもないことになり、
音楽の細部が聞き取れなくなるので、音質向上の意味がほとんどなくなります。
冬だと問題にならないんですが、夏だと、KorvaのPCには負荷が大きいようです。
なにしろ、いまだに、Celeron D ですからね。

それで、Gom Player とか iTunes とかを使うことになるわけですが、
Gom Player は、起動も早く、負荷も小さいようで、
冷却ファンがブンブン言わず、なかなか快適です。

それに対して、iTunes は、起動が遅いので、CPUに対する負荷も、
さぞかし大きいだろうと、勝手に思い込んでいたのですが、
意外にも、これが結構 負荷が軽いようで、
あまり冷却ファンがブンブン言わないんですよね。
ほとんど、Gom Player と変わらないんじゃないでしょうか?

しかも、気のせいだとは思うんですが、
iTunes の方が、Gom Player より、音が滑らかなような気がします。
つまり、iTunes の方が音が良いのではないかと・・・

アルゴリズムが違えば、音も違って不思議ではないんですが、
復元された波形が、プレーヤーによって、それほど違うとも思えませんし・・・
多分、気のせいだとは思いますけどね。

しかし、まぁ、iTunes は、負荷も軽いようですし、音も良いような気がするので、
暑い日に使うプレーヤーとしては、いいんじゃないでしょうか?

それと、アンプです。
最近、よく使っているのが、S.M.S.L の SA-98 なんですが、
これは、出力が大きいので、効率の高いデジタルアンプと言えども、
結構 熱くなります。

アンプはあまり高温になると、電解コンデンサーの劣化が早くなるので、
できれば、あまり熱くならない方がいいのですが、
アンプを冷却する、ちょっとした小技を一つ。

anp_heatsink


少しまえに、S.M.S.L の SA-4S というアンプに使われている、
Tripath TA2024 に貼り付けた、ヒートシンクの残りの部分を、
アンプの上に載せています。

ちょっと見栄えは悪いのですが、
なかなか効果があるようで、アンプのケースを触ると、
載せる前に比べて、明らかに温度が低くなります。

SA-4S のように、出力の小さいアンプだと、
暑い日でも、お風呂のお湯くらいの温度にしかなりませんが、
SA-98は、暑い日だと、触れないくらい熱くなります。
しかし、これを載せると、普通に触れる程度の温度にはなるようです。

今のところ、このヒートシンクは他に使い道がないので、
暑い日には、アンプの上で活躍してもらいましょう。

それと、多分これも、気のせいだとは思いますが、
暑い日には、スピーカーの低音が豊かになるような気がします。
もしかして、エッジとかダンパーとかの支持系が柔らかくなり、
振動系が動きやすくなるのが原因かな?とも思いますが、
どうなんでしょうね・・・


関連記事
オーディオ | 11:32:24 | トラックバック(0) | コメント(3)
Torvi-SL08
w3-881sjf_20130728

Tang Band の W3-881SJF という8cmフルレンジドライバーがあります。
これは8cmフルレンジとしては、能率が88dBと高く、
Qts も 0.39 と8cmフルレンジとしては非常に低く、
バックロードホーンに最適なドライバーです。

Korvaは、これをTorvi-S08IIにマウントして聴いているのですが、
駆動力がかなり強いようで、Torvi-S08II のホーンをグイグイ駆動します。
印象としては、もう少しエンクロージャーを大きくしたほうが、いいような感じです。

そこで、Torvi-S08 の音道を1本 追加して、ざっと計算してみました。
名前は、Torvi-SL08 としておきます。

torvi-sl08_di


幅が約 27cm 、高さが約 45cm 、
ホーン長は大体、160cm で、開口部はちょうど、12*12=144cm2 程度になります。

ホーン長が160cm程度あれば、かなりローエンドが伸びるので、
音楽を聴く上で、ほとんど不満を感じることがなくなるだろうと思います。

そして、この長さだと、穴開きBLH にする場合、
ちょうど、ホーン長/1.5 の位置に、小穴を開けることができます。

開口部は、16cmウーファーより少し大きい程度で、振動板面積の4.5倍です。
なんとなくバランスの良い感じの数値ですね。

torvi-sl08_df


実物は、もう少し幅が狭くなるだろうと思いますが、
見た目は、大体上のような感じになるだろうと思います。
スパイラルバックロードホーンのような左右非対称のデザインでは、
ドライバーの横に、エンブレムを付けると、視覚的に安定感が増しますね。

そして、この大きさだと、板取が合理的になり、無駄が少なくなります。
最近、板取が合理的にできない設計は、心理的に許せなくなってきました。
まぁ、できるだけ無駄は少ないほうがいいですからね。

これで音と特性がよければ、
Torvi-S シリーズは、これで上がりになるような予感がします。


関連記事
バックロードホーン | 09:56:38 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。