■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
SDBR の試聴

SDBR_o


SDBR(スタガード・ダブルバスレフ)が完成しました。
まだ、吸音材やダクトの調節などをするので、側板は接着していません。
デザイン的には、なかなか好いのではないでしょうか。

SDBR_i


上の画像は内部の様子です。
2つの8cmフルレンジドライバーは、
DIY AUDIO のSA/F80AMG とTangBand のW3-593SD です。
SA/F80AMG の音は、金属コーン独特の付帯音が多く、Korvaは苦手なのですが、
他のドライバーと組み合わせることで、癖が少なくなり、かなり聴きやすくなります。

W3-582SCとW3-593SD の組み合わせでも聴いてみましたが、
やはり、PPコーンと紙コーンの組み合わせは、癖が少なく、
振動板の固有音がほとんど感じられない、上品でクオリティーの高い音です。
振動板の材質が違うフルレンジを、同時に鳴らすというのは、ありのようですね。

SDBRを聴く前の予想では、2つのフルレンジを同時に鳴らすことから、
ある程度、音が濁るのではないかと心配していましたが、
むしろ、シングルで鳴らすよりも、癖が少なくなり、
まろやかで、雑味の少ない音色になるようです。
そして、高域は相互干渉によって、ハイ落ちになるだろうと予想していましたが、
聴感的には、ハイ落ちにはなっていないようですし、
フルレンジの荒い高域の癖が少なくなり、エレガントで聴きやすくなっています。

そして、肝心のSDBRエンクロージャーですが、どうも上手くいったようです。
低域は、ディップの発生も無いようですし、
音程も明確で、自然な厚みがあり、ローエンドも30Hz以下まで伸びています。
ピークや不自然な強調感も無く、
意外にも、完成度の高いエンクロージャーかもしれません。
とりあえず、SDBRという方式は、原理的にはOKなようです。
かなり気に入ったので、もう一台作ってペアにしてみます。


関連記事
スポンサーサイト
SDBR | 14:44:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
S.M.S.L SA-S1+

SA-S1


たまには、スピーカー以外のオーディオネタなどを・・・と言うことで、
今回は中国製のデジタルアンプ、S.M.S.L社の SA-S1+(SA-S1+S-EX)です。

SA-S1+ に使われているチップは、
おそらく最も有名なデジタルアンプICである、TRIPATH社のTA2020 です。
このチップのファンは多いようで、ネットでも良く見かけますし、
口さがない某掲示板などでの評判も上々のようです。

いわゆる中華アンプは何個か持っているので、
このポピュラーなチップを使ったアンプを基準にして、
レビューなどを書いてみたいと思います。

しかし、TA2020 は人気があるとは言え、
どちらかと言うと、少し個性的な音かもしれません。
本当は、TA2021 あたりを基準にして、
比較記事を書いたほうが良いのかもしれませんが、
TA2020 のアンプの音は、聴いたことがある人が多いだろうなと言うことで、
とりあえず、最初は、TA2020 を使った、SA-S1+ のレビューです。

このTA2020というチップは、これを使った安価なアンプが、
ブラインドテストで、超高級アンプ(330万円)より、高い評価を得たということで、
半ば伝説化していることから、ネット上での高い評価は、
プラセボ効果によって、多少の影響を受けているかもしれません。

しかし、オーディオ機器というものは、こういうことが起こりやすいものではあります。
同系統の技術を使った機器なら、基本性能を1%上げると価格は2倍という世界ですし、
特に、アナログ機器とデジタル機器を比べた場合は、音質的な特徴の違いから、
比較条件によっては、ハイエンドがローエンドに負けるということも、十分ありえます。

例えば、SA-S1+ のように小さなアンプでも、通電直後の音と、
通電してから、半日後の音では、別のアンプなのでは?というほど音が違います。
この違いは、アンプに使われている電解コンデンサーなどが、
性能が安定するまでに、ある程度の時間を要することが原因なのではないかと思いますが、
特に、高級なアンプなどは、使われる電解コンデンサーの容量も非常に大きくなるので、
電源を入れてから、性能が安定するまでに、かなりの時間を要するのではないかと思います。
ですから、試聴テストの直前に、電源を入れてブラインドテストという条件では、
通電直後から、比較的クリアーで音の良い小型デジタルアンプに比べて、
高級大型アンプほど不利になるような気は、しないでもありません。

TA2020 が、いくら優れたチップだとしても、
デジタル機器の進化は早く、日進月歩で性能が良くなっていくものですから、
それに関する魅力的な物語が多くても、あまり特別視をするのはどうかと思います。
おそらく今は、もっと良いチップがあるだろうと思います。

このSA-S1+ というアンプは、価格的にはローエンドですが、
基本的な性能は十分で、これしか持ってなければ、
おそらく、これだけでも満足できる音質だろうと感じます。

音質的な特徴は、解像度が高く、ダイナミックレンジが広く、
いわゆる音離れの良い音で、華やかに、軽やかに、
キラキラと散乱するタイプの音です。

しかし、このアンプは、もしかしたらTA2020の特徴かもしれませんが、
少々音の解像度が高すぎるかもしれません。
音のエッジが、くっきり、はっきり、しているため、
ソースの録音状態が悪かったり、ビットレートが低かったりすると、
てきめんに中域や高域がデジタル臭くなり、
実用性が疑われるほど、ひどい音になります。
CDからリッピングしたソースでも、録音状態の良くないものは気持ちよく聴けませんし、
圧縮音源は320kbps程度でなければ、ギスギスしたデジタル臭い音になります。

ソースが良ければ、素晴らしい音で聴けますがすが、
その解像度の高さから、ソースを選ぶ傾向が、
普通以上に強いということが言えると思います。

しかし、まぁ、ソースが良ければ、よい音で鳴るということは、
基本的に、このアンプは、音が良いのであろうと言えると思います。
音の悪いアンプは、ソースが良くても、良い音では鳴らないでしょうから。

TA2020が好きな人は、おそらく、
この解像度が高く、エッジの立った音が好きなのかもしれませんが、
Korvaは、気持ちよく聴ける、良質のソースを探すのが面倒なので、
もう少しアナログっぽい、滑らかな音のほうが好みのようです。

欠点としては、上記の問題以外にも、低域が少し緩めかもしれません。
デジタルアンプは、電源で音が変わるという話を仄聞しますので、
もしかすると、この点は電源強化によって解消する可能性もあります。
このアンプには、12V,3.8Aの出力45.6Wの電源が付属していますが、
電源の電圧を12Vより高いものにすることで、
低音が良くなるという話もあるようですね。
(しかし、壊れる可能性があるので、お薦めはしません)


関連記事
アンプ | 12:55:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
シェーバーの電池交換

nx1010


上の画像は、セイコーの回転式シェーバー、NX-1010 です。
ビダンですか・・・カミーユでしょうか?おそらく、美男という意味でしょうね。
なにやら少々こっぱずかしいネーミングではあります。

これは、シェーバーらしくない爽やかなデザインが気に入って、
ずいぶん以前に購入したのですが、最近は、そろそろ電池の寿命が来たようで、
フル充電しても1日しか使えず、モーターの回転も弱弱しく、心もとない感じでした。

Korvaは、このシェーバーが大変気に入っていて、デザイン、性能、使い勝手など、
総合的に優れており、回転式シェーバーの名器だと、勝手に思っているのですが、
多分、もう6、7年は使ってるので、そろそろ買い替え時かなぁと思い、
ネットを探してみたのですが、すでにNX1010を取り扱っているところはないようでした。
数年前、半額程度で投売りされていたことがあったので、
その時に、もう1つ確保しておくべきでした、残念・・・

で、どうしたものかと思っていたのですが、
電池以外に問題も無いし、電池を交換しようと思い立ち、分解してみました。

nx1010_2


分解前は、電池ケースに入っている古い電池を、
新しい電池に取り替えるだけの、簡単な作業だろうと予想していましたが、
そうは問屋が卸さないと・・・

電池は電子回路の基盤に粘着テープで貼り付けられており、
電池には電源の端子が溶接されていました。

とりあえず、電池を基盤から引き剥がしたものの、
どうやって、電池から端子を引き剥がそうか考えましたが、
他に方法が思いつかなかったので、ラジオペンチで、強引にむしりとりました。

nx1010_3


見てのとおり、端子の溶接されていたところがちぎれて、穴が開きましたが、
何とか、電池と端子を分離することに成功しました。

nx1010_4


充電池は、以前、某100円ショップで買ったものがあったので、それを使うことにしました。
VOLCANO NZ ですか、火山(VOLCANO)が噴火するような勢いで、
強力な電圧(VOLT)がビビビッ・・・、という感じの駄洒落でしょうか?
なにやらパワフルで良さげな感じですね、ふふふ・・・、まぁ、電圧は普通に1.2V ですが。
これは、ニッケル水素充電池で、容量は1300mAh です。
古い電池の容量は、600mAh ですので、交換すれば、2倍以上の容量になります。
フル充電すれば、余裕で1週間程度は持つのではないでしょうか。

端子を電池に溶接するわけにはいかないので、
とりあえず、半田付けすることにしました。
あまり電池を加熱すると良くないような気がしたので、
恐る恐るやっていたのですが、なかなか上手く半田付けできず、
まぁ、壊れても105円だからと思い、十分加熱して半田付けすると、今度は上手く行きました。
しかし、結構、電池が熱くなってしまいましたが、大丈夫でしょうか・・・

nx1010_5


そして、電池を基盤に貼り付け、
基盤をシェーバーのケースの所定の位置に収めようするも、なぜか上手く入らず、
良く観察してみると、電池のプラス極の出っ張りが、ケースの一部に当って、
上手く収まらないことが判明しました。

どういうことだろうと思い、あらためて古い電池を見てみると、
プラス極の出っ張りが無く、普通の単三型より少し短いという独特の形状・・・
さて、困ったことになったなぁと思い、色々と考えた挙句、
ニッパーでケースの一部を切り取るという、荒業に打って出ることにしました。
プラス極の出っ張りのない電池など売ってなさそうだし、
普通の形状の電池を使うには、これしか方法がないということで、やむをえない処置でしょう。

ここで、スギちゃんの流行り言葉「ワイルドだろ~」をつぶやきたくなりますが、
Korvaは基本的にダサい人なので、流行語は使わない主義なのだ。
それに、Korvaは、スギちゃんより、ダンディー坂野のほうが、お気に入りなのです。
彼の安定したすべり芸と、絶妙のタイミングで繰り出される、「ゲッツ」の鋭い切れ味は、
もはや職人芸と言ってよい境地ではないでしょうか?
すべるのは芸とは言えないだろうという話もありますが、
彼の「お久しブリーフ」は、毎回ウケる。

まぁ、それはそれとして、
お気に入りのシェーバーの問題の部分を、泣く泣くニッパーで切り取り、
基盤を嵌めてみると、今度は上手く収まりましたが、
外からは見えない部分とは言え、なんとなく釈然としないものがあります。

nx1010_6


そして、この状態で、スイッチオン!しかし、動かない・・・
なしてだ? やはり、電池の加熱がマズかったのだろうか?
いや、待てよ、電池がカラなのではないかと思い、10分程度充電して、
再びスイッチを入れてみると、「ウィーン・・・」今度は無事に動きました!

nx1010_7


そして、カバーと内刃・外刃を、元通り取り付けて完成です。
今度は、フル充電して試してみましたが、刃の回転が力強くなり、完全に復活しました。
これで、また数年は使えるのではないでしょうか。
次は電池の寿命が来る前に、刃の寿命が来るかもしれませんが、
電池の寿命が先に来れば、また電池の交換をしてみます。


関連記事
未分類 | 10:25:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
S.M.S.L SA-98

SA-98


今回は、S.M.S.L 社の SA-98 (SA-98S-EX)というデジタルアンプです。
このアンプに使われているチップは、ポピュラーなTripath製のものではなく、
STMicroelectronics(STマイクロエレクトロニクス)社製の TDA7498 というチップです。
このチップは、Tripathのチップのクールな音とは、やや音の傾向が違うようで、
デジタル臭さが少なく、アナログぽい温かみのある音だと感じます。

SA-98は、Tripathのチップを使ったアンプと比べてみると、
先ず、低域の表現力に、かなりの差を感じます。
低域に厚みと硬さがあり、ゴロンゴロンとしたソリッドで芯のある低音が楽しめます。
そして、低域の解像度も良いようで、低域楽器の音色や質感も自然でリアルです。

中域と高域は、アナログアンプのような、滑らさと柔らかさがあり、
みっちりとした密度感と充実感があります。
しかし、柔らかい音だとは言っても、音が団子になることはなく、
クリアーで見通しがよく、個々の楽器もしっかり分離されており、解像度も問題ありません。

そして、音が柔らかいのに、音離れがよく、スピーカーが透明になる感じがします。
スピーカーから音が出ているという感じではなく、空間そのものが鳴っているという感じです。

それに対して、Tripathのチップを使ったアンプは、
軽やかで、音離れは良いのですが、音が僅かに人工的なため、
スピーカーが透明になるという感じはなく、
やはり、機械が鳴っているという感じはぬぐえません。

Korvaは、Tripathのチップだと、真空管バッファアンプがほしくなります・・・

アンプはスピーカとは違って、周波数特性はフラットなものが多いはずですが、
SA-98は、中域や高域の音色がナチュラルで、耳につかないせいか、低域が豊かに聴こえ、
いわゆるピラミッドバランスの、どっしりとしたリッチな音に聴こえます。

それに対して、Tripathのチップは、もともと低域が薄いような気がしますが、
中域や高域が硬質で、やや目立つこともあって、
相対的に、低域が目立たなくなっているのかもしれませんし、
電源の非力さも原因の一つかもしれません。

SA-98_2


このアンプには、かなり強力な電源が付属しています。
画像の左のものがSA-98付属のアダプターで、右のものがSA-S1+のものです。
体積にすると、4倍はあるのではないでしょうか。
そして、この電源の大きさの違いが、
低域のクオリティーの違いとして現れているのかもしれません。

しかし、SA-98に付属している、このスイッチング電源は、
32V , 4.5A なので、出力は、144W ということになり、
片チャンネルあたりでは、72W ということになります。
SA-98の出力は、公称 80W+80W ですが、
実際は、その90%の出力ということになります。

電圧が32Vであれば、5A以上の電流を流せる電源を調達できれば、
公称通り、80W+80W の出力が得られるはずです。
まぁ、そんな大出力は必要ないので、特に問題は無いのですが・・・

SA-98は、厚み、柔らかさ、繊細さ、透明感、密度感、軽やかさ、など、
両立しにくい要素が、上手く両立されており、音楽性の高さを感じます。
そして、ナチュラルでアコースティックな音色ながら、
脳内麻薬を分泌させるような、オーディオ的な快感もあります。

Korvaは、このアンプの音がとても気に入っていて、
欠点を指摘しようにも、特に思い当たることはありませんし、
現状では、これ以上の音を求める気になりません。

音がアナログ的で滑らかなことから、デジタル音源との相性も悪くないようで、
SA-S1+などに比べると、You Tube やニコニコ動画などでも、
楽しめるソースが比較的 多いと思います。


関連記事
アンプ | 13:57:48 | トラックバック(0) | コメント(2)
S.M.S.L SA-4S

SA-4S


さて、今回の記事も、前回に引き続き、いわゆる中華アンプです。
紹介するのは、S.M.S.L の SA-4S(SA-4S-EX-S)です。

このアンプに使われているチップは、TripathのTA2024で、
公称出力は、15W+15W(4Ω)となっています。

このアンプは、価格的には、ローエンドの中のローエンドと言える物で、
僅か、CD1枚分の値段で買うことができますが、
よくこの価格で、この音のアンプを売ることができるなぁと感心します。
普通に考えると、ケースだけでも、それくらいになりそうですが・・・

しかし、このアンプの音はなかなかのもので、
Korvaのお気に入りのアンプの1つです。
これしか持ってなければ、これだけで満足して、
音楽を楽しんでいるだろうなぁと感じさせる実力と音楽性があります。

音色的には、Tripathのチップに共通する人工的な感じがありますが、
TA2020やTA2021に比べると、少し柔らかいアナログ的な音だと感じます。

TA-2020を使ったSA-S1+に比べると、中域・高域が少し柔らかいので、
意識がそっちに引っ張られない分、相対的に低域が豊かに聞こえます。
SA-98のような、ピラミッドバランスという感じではありませんが、
中域・高域に強調感のない、バランスの良い音に聞こえます。

そして、低域の質感もなかなか悪くありません。
SA-98のようなゴロンゴロンした感じではありませんが、
しっかりとした芯のある、質感を伴った味のある低音だと思います。

もしかすると低域は、SA-S1+の方が絶対的な質と量いう点では、
SA-4Sに勝っているのかもしれませんが、
SA-S1+は中域・高域がシャープで硬く目立つために、
相対的に低域が緩く薄く聞こえるのかもしれませんし、
SA-4Sは中域・高域が比較的柔らかいため、
低域が相対的に硬く豊かに聞こえるのかもしれません。

中域・高域の音色は、クールでもなくウォームでもなく、
ニュートラルな感じなので、暖かさや柔らかさなどの、
血の通った表現力と言う点では、SA-S1+よりも勝っていますし、
ボーカルの表現力という点でも同様で、
優しさや繊細さを感じさせる、なかなか魅力的なボーカルを再生します。

SA-S1+は、何でもクールに鳴るので、音色の表現が狭くなる傾向がありますし、
微細な部分が強調されるので、個別の音が主張しすぎて、
ガチャガチャした、やや品の無い感じに聞こえます。
おそらく、SA-S1+は、柔らかく暖かい音のスピーカーに組み合わせると、
また違った発見があると思いますが、
同じスピーカーで試聴する限りでは、そんな感じです。

SA-S1+を聴くと、過ぎたるは及ばざるが如し、と言うか、
やはり、何事も、バランスが大切だなぁと感じます。

SA-4Sは、S.M.S.Lのアンプの中でも、価格が最も低いものですが、
音質的にはバランスが良く、特に欠点はありませんし、
「ローエンドの名器」と言っても良い感じの完成度だと思います。
Korva的には、これは結構お薦めな感じのアンプです。

余談ですが、
TA-2020のSA-S1+、TA-2021のSA-S3+、TA-2024のSA-4S、には、
12V,3.8A の同じ出力の電源が付属しています。
Tripathのこの3つのチップは、4Ωでの効率が81%なので、
最大出力が、12*3.8*0.81≒37W ということになり、
SA-4S以外では、出力が足りない計算になりますが、
価格が価格なので、S.M.S.Lとしては、
この電源はあくまでも、「おまけ」という感じなのかも知れません。


関連記事
アンプ | 12:00:12 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。