■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Tang Band W3-583SE について
w3-583se

気になっていたTang Band W3-583SE を買ってみました。
紙コーンの8cmフルレンジです。

見ての通り、コーンも黒、フレームも黒、磁気回路まで黒と、
全身黒尽くめで、非常に地味な外観となっております。
この地味な見た目からは、全く購買意欲を刺激されない物件ですが、
このフルレンジドライバーは、ある興味をそそる特徴があります。

それは、振動系質量が 1.54g と大変軽いことです。
Fostex FE83En の振動系質量が 1.53g ですから、ほぼ同じで、
振動板の面積は、W3-583SE が 32cm2で、
FE83En は 28cm2ですから、
振動板の面積は、W3-583SE の方が1割以上大きいですね。

そして、能率が 87dB とやや高めで、
バックロードホーンでも使えそうなスペックなので、
ちょっと興味をそそられたわけです。

とりあえず、Laulu-08 に取り付けて試聴してみました。

laulu-08_w3-583se


しかし、能率が・・・
本当に87dBあるのでしょうか?
同じ能率のW3-517SB(キノコ)よりずいぶん能率が低いです。
86dBのW3-582SC(PPコーン)より低いのではないでしょうか?
かなり鳴らしこんだので、エージングの問題ではないと思います。

音色的には、繊細できめの細かい音です。
全域にわたってフラットな感じで、刺々しさや妙な強調感がなく、
リラックスして、音楽に耳を傾けることができ、
音に意識をそらされることがありません。

ダイナミックレンジが広い感じはしませんが、
不思議と情報量が多く、ボーカルの微妙な音程の変化や
わずかなビブラートのかかり具合など、微細な部分がよく分かります。
このあたりの表現力は、やはり軽量振動板の恩恵でしょうか。

しかし、軽量振動板とは言っても、かなりおとなしい音で、
バックロードには合いそうもない音です。
もしかして、エージングに時間のかかるドライバーなのかもしれませんが。
まあ、バックロードに使えなくても、
音自体は好きな感じなので、無駄な散財にはならないでしょう。

ところで、このドライバーは、
私の持っているTangBandの8cmフルレンジの中では、
Laulu-08に最も良くあうようです。
振動系が軽いので、ちょうど良い感じにf0cが上昇して、
ミッドローに適度な厚みをもたらしているようです。
低音の質感も悪くありません。
というか、とても良いです。

Laulu-08の容積は、4.5リットルですが、
どうも、TangBandの、他の8cmフルレンジには大きすぎるのか、
ミッドローが少し薄い感じになります。
Laulu-08は、W3-583SEで使うには良い感じですが、
他のドライバーで使うには、容積をもう少し減らして、
f0cを上昇させた方が良いのかもしれません。


関連記事
スポンサーサイト
フルレンジ | 15:30:03 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ