■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Torvi-F08 途中経過
Torvi-F08の途中経過です。

Torvi-F08内部


上の画像は音道の様子です。

今回は90度のコーナーでの板の組み方を少し変えています。
画像でも90度のコーナーのところで、板が少し出っ張っているのが分かると思います。
こうすることで、わずかですが、ホーンが延長され、
ホーンのダンピングも良くなるのではないか?と考えたのです。
(一度押し出された空気が戻るときの抵抗が増えるので)
この組み方が上手く行けば、90度のコーナーが多いスパイラルホーンでも使えそうです。

音道は8本の直管から構成されています。
このサイズにしては多いほうですね。
180度の折り返しを、3箇所までにしたかったので、
少し変わった音道構成になっています。

小穴の位置をフロントバッフルに持ってこなくてよいのであれば、
もっとエレガントな音道構成があるのですが、
今回のコンセプトでは、ドライバー、開口部、小穴、が、
全て同じ面にある必要があるので、こんな感じになりました。

その影響で、空気室の形がL字形になっていますが、
これが吉と出るか凶と出るか、心配なところです。

Torvi-F08


上の画像は、側板をクランプでとめた様子です。
今回は、デザインを好くしたかったので、設計に時間がかかりましたが、
結構よい感じに出来たのではないかと思います。

ホーンの開口部が絞られていますが、
これは、開口部ダンプの実験をしたところ、
結果がなかなか良さそうな感じだったので、今回取り入れてみました。
音質的な理由の他に、デザインを好くしたいという意図もありますが。

後は、ドライバーとターミナルと内部配線を取り付ければ音出しができます。
上手く鳴ってくれるとよいのですが・・・


関連記事
スポンサーサイト
Torvi-F08 | 10:19:25 | トラックバック(0) | コメント(4)
Torvi-F08試聴中

Torvi-F08試聴


Torvi-F08 の側板を仮留めして試聴しています。

うーん、これは なかなか上手く行ったかもしれませんねぇ。
聴いていて気になるところが無い感じです。
バランスが良くて、意外にもエレガントな音です。

一番気になる所が、FF85WKの高域のキャラクターと言う・・・
でも、このFF85WKは、毎日鳴らしこんで、
なかなか良い感じになってきました。
ボーカルの子音が「シュィン」と、金属的に響くことがあるので、
そこが改善すれば、このリーズナブルで小さなフルレンジドライバーは、
何も言うことのない素晴らしい音質だと思います。

下のグラフはTorvi-F08の周波数特性です。
測定に使用したドライバーは、Fostex FF85WKです。

Torvi-F08_f特

170Hzに、少しディップが出来ていますが、
多分これは部屋の定在波の影響だと思います。
リスニングポイントでは、ここはフラットに(むしろ厚みをもって)再生されています。
130Hzはグラフの通り、リスニングポイントでも少し薄い感じです。

高域は部屋の影響が少ないようですが、
低域は、測定するたびに特性が違うので嫌になってしまいます。

Torvi-F08の聴感的な印象のほうですが、
とてもバランスが良くナチュラルな音だと思います。

開口部ダンプの影響か、低音の波形のエッジが少し丸くなっているような感じで、
あまりバックロードホーンという感じがしません。
低音の、バリバリ、ゴリゴリしたバックロード特有の感じが少なく、
ドライバーの音と音色的な違和感が無く自然に繋がっている感じです。
言われなければ、バックロードだと分からないかもしれません。

そして、ボーカルが妙にエレガントで良い感じです。
前面開口なので、もっと濁るかと思っていましたが、
L字型の空気室が上手く行ったのか、開口部ダンプの効果か分かりませんが、
このスピーカーのボーカルは、とても品が良く自然だと思います。

吸音材は、まだ一切入れてないのに、すでに音がまとまっているので、
このままでも良いのかなぁという感じです。
開口部ダンプの効果で、中高音の漏れが抑えられ、
音の濁りが少なくなっているのかもしれません。

音の好みは、人によって千差万別ですが、
この音は、Korvaの理想とする音にかなり近い感じです。
なんか、良い感じです。


関連記事
Torvi-F08 | 11:37:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
EXバスレフの開発
以前、実験箱を作って効果を確かめただけで、
ほったらかしていたEXバスレフの汎用エンクロージャーを開発します。

EX-バスレフ模式図

今回開発するエンクロージャーは仕切り板を斜めにして、
エンクロージャー内の定在波の発生を抑制する構造です。

仕切り板を斜めにすることで、
接着しなくても、かっちり固定することができるので、
実験段階で、第一空気室と第二空気室の容積の比率を
変えることができるというメリットもあります。

実験箱では、これを最初に接着したので、
容積の比率を変えるとどう音が変化するのか
確かめることができませんでしたので、
今回はそれも確かめたいと思います。

今回使用するドライバーは、Tang Band の W3-582SC です。

W3-582SC

このフルレンジドライバーは、
色んな意味で中庸でバランスが良いです。
音色もニュートラルで癖が無く、
低音も高音も出るし、能率もそこそこ高くて、
細かい音も結構出るのに、ミッドハイがおとなしくて耳が痛くならない。

Fostex FE-83系のように名器だと言える実力だと思いますが、
話題にならないのは、中庸すぎて個性が無いと言うことでしょうか?
しかし、再生機器に個性を求めない人には、
これは良い選択肢だと思います。


関連記事
Laulu-E08 | 11:32:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
Torvi-F08 調整中

torvi-f08_調整中


Torvi-F08 の調整をしています。
このエンクロージャーは、最初から良い音で鳴っていたので、
吸音材無しでもいいかなと思っていましたが、
長時間聴いていると、やはり耳が痛くなるので、
吸音材を使うことにしました。

この状態で、少し高音のきつさが減り、
サラサラした感じになりました。

三角材を最初の180°の折り返しに入れ、
整流板も2箇所に入れて(仮留めして)います。

しかし、このエンクロージャーは音が良いです。
バックロードホーンは、いくら理屈で考えても、
音が良くなるか悪くなるかは、
ほとんど偶然のようなところがありますが、
これは上手く行ったかなぁと思います。

バックロード特有の癖や荒さが少なくて、
かといってバスレフや密閉のような音ではなく、
ダイナミックレンジが広くて開放感があり、
細かい音も出て解像度が高いという、
バックロードの長所は、しっかり確保されています。

バックロードホーンも癖を減らしていくと、
こんな音になるんだなぁと・・・

デザイン的にも、まずまずだし、
これはなかなか良いものが出来た感じです。


関連記事
Torvi-F08 | 13:06:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
EXバスレフ調整中

EXバスレフ内部


EXバスレフ Laulu-E08 の調節をしています。
しかし、バスレフの箱は、バックロードと違って簡単に作れますねぇ。
制作時間は、バックロードの半分にもなりません。
多分1/3にもならないかも・・・

マスキングテープで仮留めして、それぞれのダクトの長さを調節したり、
第1空気室と第2空気室とを仕切る板の位置を変えて、
容積の比率を変えたりしながら、試聴したり周波数特性を取ったり、
考えられる条件を、虱潰しに当たっている感じです。

ちなみに下の画像は、第1空気室の容積>第2空気室の容積、にした場合。

EXバスレフ内部2


仮留めしたダクトが、外に飛び出してるので、
ダクトを内蔵した時の容積が違ってきますが、
まぁ、大体の目安をつけるための実験ですので、
細かいことは気にしないでください。


関連記事
Laulu-E08 | 09:46:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ