■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Laulu-08 の吸音材
下の画像は、吸音材の調整中のLaulu-08です。

laulu08吸音材


Laulu-08は、裏板を傾けており、定在波の発生を抑える設計ですので、
最初は、吸音材無しでもいけるかなと思いましたが、
結果的には、吸音材を少し入れた方が良いようです。

吸音材無しの状態では、音が活き活きとして、最初の印象は悪くないのですが、
長時間聴いていると、なんとなく癖が気になってきます。
この状態だと、吸音されないエンクロージャー内の響きが、
ダクトや振動板を通して漏れてくるようで、
微小信号が消され、細かいニュアンスが乏しくなる印象を受けました。

その反対に、吸音材が多すぎても、響きの少ないデッドな音になります。
雑味は少なくなりますが、明るさや軽やかさの無い、重く沈んだ響きになり、
聴いていて、なんとなく物足りない感じになります。

吸音材の調節は、聴感上は明らかに違いを感じても、
測定すると違いが出ることが少ないので、微妙に難しいところです。

裏板を傾斜させているので、平行面のみに吸音材を貼れば良いかなと思いましたが、
試しに裏板に貼ってみると、明らかに音が違うとか、
ぱっと聴いた感じは良くても、長時間聴いていると、
「ウ~ン、これは ちょっと」という感じになったり・・・

吸音材の量は、結局のところ、個人の好みというところに帰結するのですが、
最終的には、上の画像のような感じになりそうです。
天板、側板の片方の一部、裏板の一部、底板の一部。

この量ですと、微小信号も潰れずに再生されるようで、
吸音材無しの状態に比べて、音に雑味が少なく、
音像にスーッと奥行きが出てくるような印象です。
もう少し、調整するかもしれませんが、
この程度が、癖を感じないぎりぎりの量でしょうか・・・


関連記事
スポンサーサイト
Laulu-08 | 12:30:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
新しいバックロード・ホーン
新しいバックロード・ホーンを開発しています。
下の画像は、音道の様子です。
板は置いただけで、まだ接着していない状態です。

torvi-c08内部


Laulu-08の方は特に問題もなく、癖が少なく透明感のある良い音に仕上がりました。
バスレフはバックロードと違って、簡単に デザインも音も、完成度の高いものが作れますねぇ。

しかし、バックロードは、夢とロマンを掻き立てるものがあります。
いつか、「これさえあれば他には何もいらない」 と言えるような
完成度の高いバックロードホーンを完成させるのがKorvaの夢です。

バックロードは、考えなければいけない部分が多いので、
バスレフに比べると、完成度を高めるのは 格段に難しくなります。
でも、あーでもない、こーでもない、と考えてるのが苦楽しくて好きなんですけどね。

今回のエンクロージャーは、以前書いたディップを解消する仕組み
最初からデザインに取り入れ、左右対称のものにしました。
少々のっぺりした感じですが、それほど悪くないデザインだと思います。

torvi-c08正面


さて、上手く鳴ってくれますかどうか・・・


関連記事
Torvi-C08 | 12:13:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
新しいバックロードホーンTorvi-C08の周波数特性など
下のグラフは、今開発中のバックロードホーンTorvi-C08の周波数特性です。

torvi-c08f特

そして、次のグラフは、Torvi-C08の穴を閉じた場合の周波数特性です。

torvi-c08穴無しf特

穴を閉じると、180Hz あたりに、大きなディップが出来ます。
ホーンの途中に空けた小さな穴は、効果てきめんですね。

どちらのグラフも、低域の音圧レベルが低めですが、
まだ裏板を接着してませんし、ターミナルも付けず、
スピーカーケーブルは裏板に開けた穴から引き出しているので、
空気がスカスカ逃げているのかなと思います。

中域は、吸音材を入れていないので、少々暴れ気味ですね。
バックロードホーンには吸音材は必要ないと言う方もいますが、
Korvaは、バックロードホーンにも、吸音材は必須だと思います。

最初に、バックロードには吸音材が必要無いとか、
吸音材は音を殺すとか言い始めたのは、長岡鉄男氏だと記憶しています。

明文化されたものは、長く記録として残り、人の心に影響を与え続けます。
特に、彼の文章は影響力が強いので、吸音材不要説が一人歩きしていますが、
彼の名機だと言われる スーパー・スワン には、
空気室にも、音道にも吸音材が使用されています。
こちらが彼の本音だと思います。
本音は、言葉より行動に表れるものです。

吸音材無しで上手く行かない人は、
先入観を捨てて試してみるのも一興かと思いますよ。


関連記事
Torvi-C08 | 12:25:24 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

まとめ