■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Torvi-Rの試作品完成!
バックロードホーンの Torvi-R の試作品が完成しました。
まだ内部をいじるつもりなので側板を接着していません。
自作のバイスで固定しているので、なんとも無様な格好ですね。

torvi-r2011-07-01


Nuottikorva-S は側面開口タイプでしたが、Torvi-Rは背面開口タイプです。
ホーンの開口を壁に近づけることで、ホーンの延長と開口面積の拡大を計ろうという魂胆です。
こうすることでローエンドを伸ばしつつ、スケール感の大きな再生音を期待できます。

音については最初の音出しとしては合格点かな。
製品版のNuottikorva-Sとも試作品のNuottikorva-Sとも音は微妙に違います。
音道構成が違うので、もちろん音も違う。
Nuottikorva-Sの時にも感じましたが、直管のホーンはやっぱりマッタリなのかな。
エージング未了でまだ判断はできないけど、
斜め音道の製品版Nuottikorva-Sのような低音のゴリゴリ感は今一歩か・・・

しかし、こうやって聴いてるうちに、聴き始めの時から音が変わってきている。
段々 滑らかな音になってきた。
うん、これはいいかもね。

関連記事
スポンサーサイト
Torvi-R08 | 11:52:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
Torvi-R の試聴 『天空歌集』の巻

天空歌集


早速、Torvi-R の試聴です。
ソースは谷山浩子さんの『天空歌集』です。
このCDはKorvaのお気に入りで軽く1000回以上は聴いたので、
スピーカーのちょっとした癖も判りやすいのです。

意外と言うか、あっけないと言うか、全く癖の無いボーカル再生です。
短期間で設計し短期間で制作したので、ちょっと拍子抜けした感じです。
直管ホーンだし、ホーンのコーナーの三角材も整流板も無しで、吸音材も無しの状態なので、
もっと癖が出るかと思っていた・・・

Nuottikorva-S に比べると僅かにエコー感がありますが、
これがFE83Enの乾いた音に適度な湿度と芳醇を加味している様で、
妙な心地よさを感じ、吸音材を入れるか入れないか悩ましいところです。
うーん、これ以上いじる必要が無いのでは?

ルックス的にはドライバーをもう少し上の位置にずらしたいのですが、
少し変えても音が変わる可能性があるので、いじるのが怖い。
スピーカーは良かれと思ってやったことが裏目に出ることがよくあるので・・・

FE83Enは彼女の声の透明感と繊細感を表現するには抜群ですが、
やや乾いた感じになるのは否めません。
紙コーンはフルレンジには(特にツイーターを使わない場合は)最高の素材だと思いますが、
人間の声の質感に比べるとやや硬質なのではないかと思います。

いつか谷山さんの声の再生に特化したスピーカーを創りたいと考えていますが、
そうなると、やっぱりPPコーンかな。
PPコーンの音の質感は、人の声の質感に近いと感じます。
彼女の声の繊細さの表現にはツイーターも必要かな。

ここのところ、スピーカーのテスト用に、低音が盛大に入った曲ばかりを聴いたので、
久しぶりに谷山さんの曲を聴くと癒されます。
やっぱりいいなぁ・・・
このCDはKorvaの心の故郷です。

関連記事
Torvi-R08 | 12:55:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
月待の滝は日本一!


先日パートナーのSormiと茨城県の大子町にある「月待の滝」に行ってきました。
ネットで前もって得た知識によると、滝の落差がわずか17mしかないので、
あまり期待してませんでしたが、実際に見てみると、これがなかなか素晴らしい滝なのです。
何と言うか、こじんまりして繊細で優しい佇まいなのです。

同じ県内の日本三名瀑のひとつに数えられる「袋田の滝」に比べても、
Korvaは月待の滝の方が好きです。
これは知られざる名勝です。

この滝は、気軽に滝の裏側に入ることができるので、
落ちてくる水を通して景色を眺めるというちょっと変わった体験もできます。
爽やかな気分になれるし、結構楽しいですよ。
近くに住んでいる方は、一度は行ってみる価値があると思います。

滝の傍らにあるお蕎麦屋さんの店主さんの独断と偏見のランキングによれば、
月待の滝は「日本一やさしい滝」の第一位なのです。
しかし、このランキングの採点項目は
意図的に月待の滝に有利になるように設定されているような(汗
しかも「私の滝自体の好み度」という項目は月見の滝が満点だし・・・
彼は本当にこの滝を愛しているのだなぁ、うんうん。

しかし、これは、ある重要な示唆を含んでいますねぇ。
つまり何かを評価するには、評価基準を設けるわけですが、
どんな評価基準を設けるかによって、
そのものに対する評価は全く違ったものになるということです。

落差わずか17mの滝でも、その店主さんのランキングでは1位になれるように、
どんなものでも、それに有利な評価基準を設ければ1位になれるわけです。

自分に対する評価なんかも同じことで、
それが低い場合は、自分に不利な評価基準を
それが高い場合は、自分に有利な評価基準を信じているわけですね。

つまり、自分が変わらなくても、自分に対する評価基準を変えるだけで、
自分に対する評価を変える事ができるということです。

自分に対する評価が低い人は、自分に対する評価基準に
正当な根拠なり理由があるかどうか一度チェックしてみるといいかも。
その基準は、単なる偏見や根拠の無い馬鹿げた先入観かもしれませんからね。

関連記事
お散歩 | 14:56:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
ソルフェジオ周波数
日本ではあまり知られていませんが、ソルフェジオ周波数というものがあります。
これは数世紀前に失われた古代の音階で、グレゴリアン聖歌などに使われていたようです。
現代では、A=440Hzの平均律12音階として使われています。

そして、この音階に特有の周波数が、人の心と体によい影響を及ぼすと言われており、
アメリカなどでは人気があるようです。

特に、528Hzは嘘かまことか、DNAの修復効果があると言われています。
放射能列島に住む我々としては、必聴かも知れませんよ。



528Hz以外の周波数の効果の説明や動画のリンクのページを作ってみましたので、
興味のある方はご覧ください。 →こちら

関連記事
音楽 | 10:24:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
TVにさよなら


Korvaは昔から芸能界に殆ど興味がなく、
芸能人(特にアイドル)の名前とか あまり知らないのですが、
制服向上委員会というグループは、なかなか興味深い歌を歌っていますねぇ。

正直言って、歌はあまり上手いとはいえないレベルで、
聴いていて ちょっとしんどいのですが、
歌詞が歌詞だけにTVで見るこはないでしょうから、
一度は聴いてみるのも よいのではないでしょうか?

以下、歌詞の一部

TVを見ないと見えてくる大切な時間が
TVを消したら気がついた私の生き方を
TVに今まで奪われた自由を取り戻し
TV中心の世界から大きな声で
さよなら

関連記事
音楽 | 14:34:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。