■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Torvi-S08 のマイナーチェンジ

Torvi-S08_mc


Torvi-S08のマイナーチェンジ版を作ってみました。
Torvi-F08と同じ穴開きダンプド・バックロードホーンです。
マウントしているドライバーは、Tang Band のキノコ・スピーカー、W3517SBです。

この組み合わせは、音が良いです。
自然な音色、適度な解像度、バランスの良い周波数特性。
素晴らしい音楽性の高さです。
聴いていると、なんだか涙が出てきます。

そのうち、ホームページのTorvi-S08の設計図も更新します。

TangBandのドライバーは、バスレフ向けという先入観がありましたが、
バックロードにも良く合いますね。

PPコーンのW3-582SCも、ばっちりでした。
W3-582SCは、能率が86dBということですが、これは疑わしいですね・・・
TangBandの同じ能率の他のドライバーと比べると、
聴感上は、明らかに能率が高いです。

同じ能率の、竹コーンのW3-1319SAは、
周波数特性的にはいいのですが、
音色的に、どうもバックロードホーンには合わないようです。
ボイスコイルが小さいので、駆動力が足りないのかもしれません。
磁気回路は、ひときわ巨大ですが・・・

Fostexのドライバーも、高域特性を重視しているのか、
ボイスコイルが小さいので、磁石が大きくても、
駆動力自体は あまり大きくないのかなぁと感じます。

それに対して、TangBandのドライバーは、磁石が小さくても、
ボイスコイルが大きいので、駆動力自体はは小さくないような感じがします。
バックロードホーンでも、全く違和感がありません。

フルレンジは、ハイエンドは20kHzまでにして、
小口径の弱点である低域特性を改善した方が、
バランスが良く、音楽性の高いドライバーになるような気がします。

ところで、TangBandのサイトを見ていたら、
凄い8cmフルレンジドライバーを発見しました。

w3-1878

W3-1878 というドライバーです。
周波数特性が、75Hz-20kHz でフルフラット、能率が、88dB という
ありえないような、素晴らしい特性です。
これでバックロードを作ったらどうなるんでしょうか?
うーむ、気になる・・・


スポンサーサイト
Torvi-S08 | 16:34:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
Torvi-S08の周波数特性など

Torvi-S08内部


先日作ったマイナーチェンジした Torvi-S08 の内部です。
Torvi-F08の音が良かったので、基本的な構造を踏襲しています。

下のグラフはTorvi-S08の周波数特性です。
ドライバーは、TangBandのキノコスピーカー、W3-517SB です。

Torvi-S08_f特

音も良いですが、周波数特性も良いです。
モニターとして使えそうな、ワイドでフラットな特性です。

180Hzに少しディップがありますが、Torvi-F08と同じで、
リスニングポイントでは、ここは厚みをもって再生されています。

開口部は内向きで、特性を測定しています。
以前作ったTorvi-C08は、開口部を外側に向けて測定していたので、
結構乱れた特性でしたが、内側に向けて測定すると良い特性だったかもしれませんね。

シングル・バックロードホーンで、音も特性も、結構良いところまで来ました。
これで、心置きなく10cmに取り掛かれそうです。
読者の方から、10cmはまだか?というご質問もいただきましたし。
しかし、やりたいことが多くて、なかなか予定を消化できませんねぇ・・・


Torvi-S08 | 09:21:37 | トラックバック(0) | コメント(3)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。