FC2ブログ
 
■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Monolith-E08
ずっと作りたくて、なかなか作れずにいた Monolith-E08 を、やっと作りました。

monolith-e08_20170916


今、エージング中ですが、音に厚みがあり、開放的に朗々と鳴ります。
ボーカルは、小口径らしくない厚みと艶やかさとエレガントさがあります。
低音も、解像度が高く、音階も明確で、反応も素早い感じです。
チェロなどは、弓が弦を引っかくゴリゴリした硬い質感も、リアルに表現します。

Monolith-E08 は Extended Dual BLH で、Monolith-E08A と同じ構造ですが、
Monolith-E08A は、Alpair-6p 専用エンクロージャーで、
Monolith-E08 は、汎用エンクロージャーです。

Alpair-6p は、非常に優れた8cmフルレンジ・ドライバーですが、
8cmフルレンジとしては、ドライバーを取り付ける穴(バッフル・ホール)が大きいことから、
スパイラルBLH などでは空気室も大きくなってしまうため、
BLH としては理想的な設計ができない場合があり、
Monolith-E08A も、少し大きめの空気室を持っていました。

その様なことから、Monolith-E08A は、
ミッド・ローの帯域が少し薄めかなと感じることがありましたが、
癖がなく、聴き疲れしにくく、クラシックなどには好適な音でもあるので、
まぁ、これはこれで良いかという感じで、使っておりました。

しかし、今回の Monolith-E08 は、汎用エンクロージャーということもあり、
ドライバーに由来する制限もなかったので、何の妥協点もなく設計できました。

BLH は構造的に複雑なため、
理想的な設計と、ルックスの良さを両立するのが難しいのですが、
今回の Monolith-E08 では、これを完全に両立できたかなと思います。

Monolith-E08 は、
音の良さ、理想的な設計、デザインの良さ、
この三つを高いレベルで纏めることができていると思いますし、
Korva の考える 「 理想的な BLH 」 というものを、
やっと形にすることができたかなと感じています。



スポンサーサイト



Monolith-E08 | 13:39:57 | トラックバック(0) | コメント(5)
Monolith-E08 マイナーチェンジ そして 完成
Monolith-E08 を マイナーチェンジしました。

monolith-e08_20181012


既に設計は出来上がっていたのですが、
心がグッタリしていて、なかなか製作に取り掛かれませんでした。

少し前に、台湾の方から、あるリクエストのメールをいただき、
疲労と多忙さから、残念ながらお断りさせていただいたのですが、
Korva のスピーカーを褒めていただいたので、
少しやる気が湧いてきて、やっと組み立てることができました(笑)
お互いに敬意を持って接することができる国の方とのやり取りは、
楽しいものですね。

実は、妻の入院中に、
「パラレル・バスレフの実験から得られた知見を、Dual BLH にも応用できるのではないか」
という考えが湧き上がってきて、
既に完成していた Monolith-E08 をいじって実験してみたところ、
音質的にもバランス的にも、かなりの改善が見られました。
そして、その結果を設計に取り入れたのが、
今回 製作した Monolith-E08 です。

前回の Monolith-E08 は、少し先入観に囚われた設計だったためか、
癖は少ないのですが、しばらく使っているうちに、
低音の硬さと力感が少し足りないような印象を受けるようになりました。
しかし、今回の設計の変更により、
前回の Monolith-E08 で感じていた欠点が、全て解消されました。
予想以上の結果でした。

経験と勘により、当りを付けるような設計も、なかなか有効だと思いますが、
やはり原理的なことを発見し理解しなければ、
ブレイク・スルーは、なかなか起こらないのかもしれません。
考えてみれば当たり前のことであっても、
仮説→実験→検証 を通して、結果を確認するまでは、
人の意識は、やはり先入観に囚われてしまうようです。

今回マイナー・チェンジした Monolith-E08 の再生音は、鮮明かつ重厚です。
8cmフルレンジ・システムで重厚なんて言うと笑われそうですが、
この Monolith-E08 の低域の厚みと伸びは、8cmフルレンジとは思えません。
低域の質感は、硬く、エッジが立っていますし、力感が漲っています。
低域の音階も明確で、欠点を感じません。
8cmフルレンジで、フルオーケストラを楽しく聴くことができますし、
音楽を聴くことが楽しいシステムです。

久々に満足感のある作品を創ることができました。
エージングで、さらに音がこなれてくるのが楽しみです。


今年のヘブンリー・ブルーです。

heavenlyblue_20181012


二階のベランダまで登ってきました。
良い色ですね・・・
寒くなってきましたが、まだまだ元気に咲いています^^



Monolith-E08 | 13:52:05 | トラックバック(0) | コメント(9)