■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
耳守神社
久しぶりの更新となります。

先月は(今も)少し疲労が溜まっていて、
一度もブログを更新できませんでした ^^;

先日、気分転換に、パートナーと、
茨城県小美玉市にある「耳守神社」に行ってきました。

mimimori_2017_1


耳守神社は、日本に一つだけしかない耳の神社ということで、
オーディオ・マニアとしては、少々気になる神社なのです。

mimimori_2017_2


この神社の由来は、

第3代常陸大掾繁盛の五男・五郎左衛門兼忠(後に飯塚と名乗る)の千代姫という娘が
7歳になっても耳が聞こえず、夫婦は思案の末、熊野神社に娘の耳が治るよう願をかけ、
満願を迎えた朝不思議なことに千代姫の耳が聞こえるようになった。
やがて千代姫は成長して33歳になったある日、風邪がもとで床に伏してしまった。
病は悪化する一方で、ついに明日をも知れぬ身となった千代姫は両親に
「われ亡き後に社を建ててもらえれば、耳の病を守護せん」と言って息を引きとった。
遺言通り両親は千代姫愛用の鏡をご神体として栗又四ケの地に社壇を設けて
「耳守」と号して祭礼を営み続けた―。
しかし、1590年(天正18)大掾氏は佐竹氏に滅ぼされ、
一族である飯塚氏も同じ運命をたどったので耳守神社も無くなり祭礼も断絶したが、
その後、地元の人たちが神社を建て直し、
姫の命日の9月9日には祭礼も執り行われている。

ということのようです。

耳の神様なので、33歳で・・・、ということなのでしょうか。

momomori_2017_3


豆腐をお供えすると、ご利益があるらしいのですが、
おそらく、千代姫さまの好物だったのでしょうね。

お社には、願い事を書いた竹筒が沢山 吊るされていましたが、
「耳が筒抜けになるように」という願いが込められているのでしょうか。

もともとは、耳の病気を治してくれる神様だということで、
「耳が悪くなりませんように」という願い事は、
少しずうずうしいかなとは思いつつ・・・
祈願をしてまいりました。

momomori_2017_4


そして、参拝をした後は、耳守神社の前にある駐車場で、
のどかな風景を眺めつつ、お弁当をいただきました。

mimimori_2017_5


この日は、久しぶりに暖かくて、
少しだけ春を感じさせる陽光の中でいただくお弁当が
美味しかったです^^


スポンサーサイト
ドライブ | 13:49:47 | トラックバック(0) | コメント(9)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。