■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Monolith-10
8cmフルレンジ用の、
デュアル・バックロードホーン Monolith-08 が非常に上手く行ったので、
今度は、10cmフルレンジ用の Monolith-10 を作ってみたいと思います。

Monolith-08 は、
Korvaのデュアル・BLHの設計理論が正しいかどうかを検証するための、
テスト機的な意味合いが大きかったのですが、
これが、思いの外というか、理論どおりの結果が得られ、
特に欠点らしい欠点もなく、BLHとしては、非の打ち所のない、
完璧と言ってもいい再生音が得られました。

最初のデュアルBLHの Korkea-08 を作ってから、色々と検証した結果、
ホーンの長さの比率や、ホーンの容積の比率など、
一応、Korvaなりの理論が確定し、
それを Monolith-08 で検証した結果、
その理論の正しさを確認できたということです。

Monolith-08は、1枚のサブロク板から、1ペア作るという制約があったので、
Korvaの希望よりは、少し短めのホーンになりましたが、
実際の音楽鑑賞では、ローエンドの伸びの不足感もありませんし、
ミッドーローの厚みも十分で、ボーカルの癖もなく、
音楽性の高さと、モニターとしても使えるレベルの、
正確性を兼ね備えた音だと感じます。

10cm用のMonolith-10では、板取りの制約もなくして、
サブロク板1枚から1台、2枚で1ペア、作る予定ですが、
一応は、究極の10cmフルレンジ1発のシステムを目指しています。

構造は、Monolith-08と同じく、2重スパイラルホーンですが、音道構成は少し違って、
MonolithタイプのデュアルBLHを設計した当初、念頭にあった音道構成です。
Monolith-08は、板取りの合理性の追求のため、
音道構成が最初の希望通りにはいかなかったのです。

この音道の変更によって、音が良くなることはないと思いますが、
横幅が少し広がるので、中域の厚みが少し増し、
見た目も、より「モノリス」っぽくはなるだろうと思います。

Monolith-10が完成したら、13cmフルレンジ用の、
底面開口型のデュアルBLH Korkea-B13の予定です。


スポンサーサイト
Monolith-10 | 09:41:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
Monolith-10 製作開始

monolith-10_20150529


10cmフルレンジ用のデュアルBLH、
Monolith-10 の部材がそろったので、製作を開始します。

デュアルBLHは部材数が多いので、組み立てが大変ですが、
今まで作った2つのデュアルBLHは音がよかったので、
本命の Monolith-10 も、結果が楽しみです。

板取りの制限のあった、8cm用の Monolith-08 と違って、
Monolith-10 は、一切の制限を設けていない設計なので、期待が大きいですが、
いつも新しいスピーカーを作るときは不安も大きいですね・・・


Monolith-10 | 14:23:52 | トラックバック(0) | コメント(5)
Monolith-10 完成!
Monolith-10 が完成しました。

monolith-10_20250621


外見はのっぺりしていますが、
ミニマリズムを極めたシンプルなデザインで、
Korva的には、とても気に入っております。

内部構造は、下のようになっています。

monolith-10i_20150621


構造的には、2重スパイラルホーンで、Monolith-08 とよく似ていますが、
こちらの方は板取の制限が無かったので、音道構成が素直だと思います。

音のほうは、我ながら、素晴らしいですねぇ・・・
ここまで、意図したとおりの音が出るのは珍しいです。

音に厚みがありながらも、繊細で、癖が無く自然です。
シングルBLHが持っている、音質的な限界をブレイクスルーしています・・・

シングルBLHは、負荷がかかる帯域と、かからない帯域があるので、
メガホンっぽい独特の音色が乗りますが、
デュアルBLHは低域全体に広く浅く負荷がかかるせいか、
BLH独特のカラーレーションがなく、極めて自然な音色です。

ボーカル再生も、自然かつリアルで、
シングルBLHのような音色的な癖は、まったく感じません。
ボーカルについては、パーフェクトと言って良いと思います。

そして、シングルBLHは、
ホーン負荷のかからない帯域ではコーンがバタバタしますが、
デュアルBLHは、低域全体に広く負荷がかかるためか、
低域での大入力にも、コーンがバタバタしません。
これは、ドップラー歪みを減らす上でも、
実質的な耐入力を増す上でも、有利な特徴です。

低域は、小口径らしくない厚みがありますが、ブヨブヨにふやけた感じではなく、
適度な硬さがあり、解像度は高く、音階も明確で、欠点らしい欠点はありません。

低域の質感も自然で、音色的な癖がありません。
エンクロージャーによって無理やり再生しているような違和感がなく、
コーンの音とシームレスに溶け合っています。

そして、ホーン負荷の掛からない中域・高域では、
実質的に、後面開放型の構造なので、
音に押し詰まった感じがなく、のびのびと開放的に鳴ります。

Monolith-10 は、フロントバッフルの面積が大きいので、
ルックス的には音場感が悪そうに見えますが、
実際は、音がエンクロージャーに張り付かず、
空間に遊離し散乱します。

Monolith-10 の音は、
シングルBLHが原理的に持つ欠点からも、
バスレフや密閉型が持つ欠点からも、
解放されたものだと感じます。

欠点と言えるのは、
10cmドライバー用のエンクロージャーとしては、大きすぎる事だけですが、
設置面積自体は、それほど大きくはありません。

そして、ドライバーの Alpair-7P も素晴らしいですね。
この大きなエンクロージャーを、いとも軽々と駆動します。
もっと大きくても大丈夫な感じですね。


Monolith-10 | 12:26:32 | トラックバック(0) | コメント(8)

FC2Ad

まとめ