■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Torvi-SL10a の製作
皆様、お久しぶりです。
最近、疲労がたまっていたので、なかなか文章を書く気になれず、
随分と更新の間隔が開いてしまいました。

HPの方でも、書きたい記事や、UPしなければならない記事があるので、
そろそろ気合を入れて頑張らなければなりません。

torvi-sl10a


上の画像は、只今製作中の、Alpair7p用のBLHエンクロージャーです。
名前は、とりあえず、Torvi-SL10a としておきます。

このエンクロージャーは、ある方に設計を依頼されたものですが、
Korva自身が、Mark Audio の10cmフルレンジ・ドライバー Alpair7p に興味があったので、
引き受けさせていただいたものです。

Alpair7pは、10cmフルレンジとしては、fsが低いので、
Korvaの設計するBLHとしては、ホーンも少し長く、2m以上あります。
しかし、Alpair7pの能率が、87.5dBと、Mark Audio としては高めですが、
BLH用ドライバーとしては それほど高能率でもないので、
エンクロージャーの容積は、それほど大きくはありません。

多分、変な音にはならないと思いますが、
初めて使うドライバーなので、ちょっと心配ですね・・・


スポンサーサイト
Torvi-SL10a | 14:16:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
Torvi-SL10a の試聴
Mark Audio Alpair7p用のBLHエンクロージャー Torvi-SL10a が完成しました。

torvi-sl10a_20150303


現在、エージングをかねて視聴しておりますが、
なかなか完成度の高いエンクロージャーに仕上がったと思います。

Torvi-SL10aの基本的な構造は、8cmフルレンジ用のTorvi-SL08と同一ですが、
Alpair7pのバッフル開口径が、10cmフルレンジとしては大きめなので、
他の10cm用のBLHに比べると、奥行きが浅くなり、ホーン長は長めになっていますが、
Alpair7pのfsが低めなので、設計的には、かえって、ちょうど良い感じに仕上がったと思います。

ホーン鳴きなどの変な癖も出ていませんし、
ピーク感も無く、f特的には、かなりフラットな印象です。

シングルBLHとしては、ボーカル帯域の癖も無く、
女性ボーカルも男性ボーカルも自然な印象です。

そして、このエンクロージャーのドライバーである 10cmフルレンジ・ドライバーの
Mark Audio Alpair7p の実力もなかなかのものですね。
特に欠点らしい欠点も無く、10cmフルレンジとしては、ほぼ完璧な印象です。

ペーパーコーンなので、
メタルコーンのような、シンシンヒンヒン鳴る、高域での共振音も全くありません。

今のところ、鳴らし込みが足りないのか、少し硬めの印象ですが、
非常に微細な音も良く出て、ソースや再生機器の粗がそのまま出てしまうような感じなので、
どんなソースでも良い音で鳴るというわけではありませんが、
ソースがよければ、非常に繊細でクリアーな再生音が聴けます。

Alpair7pのモーターもなかなか優れているようで、低域での駆動力もしっかりした印象です。
少し長めのホーンなので、もっと低域が柔らかくなると予想していましたが、
しっかりとした芯のある、硬く明確な低音です。

低域の量感は、エージングで徐々に増えてくると思いますが、
今のところ、多くも少なくも無く、自然な量感だと感じます。


Torvi-SL10a | 16:44:51 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ