■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Monolith-08 製作開始
最近は、ご注文いただいたスピーカーの製作に追われていたので、
ブログの更新が滞っていました。

この時期は、気温が低いので、接着剤の乾燥に時間がかかります。
夏場だと1時間程度で、部材が固定されますが、
冬場だと、部材が固定されるまでに、数時間は掛かるので、
部材数が多く、部材を順番に1枚ずつ貼り付けていくBLHは特に、
気温によって製作時間が大幅に違ってきます。

monolith-08


上の画像は、只今、製作待ちの、デュアルBLHのMonolith-08です。
背が高くて左右対称なので、ルックス的には、まあまあな感じです。
ラウンド・フレームのドライバーが似合いそうなルックスですね。

これも、今年中に完成の予定だったのですが、
どうも、今年中に1ペア作るのは無理そうなので、
片チャンネルだけでも作って、
音出ししたいとは思っているのですが・・・

他のスピーカーの製作や設計をしながらの製作になるのに加えて、
デュアルBLHは、特に部材数の多いエンクロージャーなので、
1日に1枚部材を貼り付けるというスピードだと、
完成は来年になるかもしれませんね。

設計的には、結構 上手くまとまっていると思うので、
音には期待しているのですが、さて、どうなることやら・・・


スポンサーサイト
Monolith-08 | 11:43:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
Monolith-08 の試聴
今年 最後の更新になります。
今年1年間、このブログをご覧くださった皆様、
コメントをくださった皆様、本当にありがとうございました。
来年も、ぼちぼち頑張って行きたいと思います。

monolitj-08


Monolith-08の片チャンネルが完成しました。

部材数が多いので、製作には結構な時間が掛かるだろうなと思っていましたが、
このエンクロージャーは、同時進行できる部分が多いので、
予想したよりも早く出来上がりました。

ルックス的には、少々のっぺりしてますが、
シンプルで、割とKorvaの好みではあります。
名前の通り、モノリスっぽい雰囲気です。

monolith-08i


上が内部の様子です。
基本的には、2重スパイラルホーンですが、
ホーンが入り組んでいないので、デュアルBLHとしては、設計が楽でした。
そのうち、10cm用や12cm用も作りたいと思います。

早速、試聴していますが、ボーカルに癖が無く、
のびのびと艶やかに再生されます。

最初のデュアルBLHのKorkeaも、ボーカルが良かったですが、
今回のMonolith-08のボーカルも、高品質です。

シングルBLHだと、どうしても、ボーカル帯域で強調される部分がありますが、
デュアルBLHだと、負荷の掛かり方が穏やかで、負荷の掛かる帯域も分散されるためか、
BLHのボーカルという感じが、ほとんどありません。

そして、妙な表現ですが、エンクロージャーが無いような音ですね・・・
圧迫感が無いと言うか、押し詰まった感じが無く、開放的でナチュラルな音です。
癖と圧迫感が強くなるほど、エンクロージャーの存在感が強くなるようですね。

低域は、シングルBLHのような荒さが無く、
品の良い再生音ですが、解像度は高く、音階も明確です。
この低音の質感は、煩さが無くて、Korvaの好みです。

この音は、BLHが嫌いな人にも受け入れられそうな音です。
目隠しをして聴けば、多分BLHだとは判らないと思います。

低域の量感も十分で、高能率なドライバーでなければ、低音過多になるかもしれません。
今のところ、Tang Band の W3-881SJF をマウントして聴いていますが。
低音が少し多い感じだったので、キャンセリング・マグネットを付けて聴いています。
W3-881SJFのもともとの能率は88dBなので、
キャンセリング・マグネットで、89dB程度になっていると思いますが、
大体、この辺りで、聴感上はバランスしているようです。

このエンクロージャーは、8cmフルレンジ用としては、
かなり大きく、構造的にも複雑ですが、
このレベルの音のためだったら、作る価値はあると感じます。

本命は、10cm用のデュアルBLHですが、
これがメインシステムでも特に不満は無いかもしれません。
特に、ボーカルの満足度は高い感じです。

Monolith-08 の音を聴きながら、ちょっとしたアイデアを思いつきました。
デュアルHBLH (デュアル穴開きBLH)です。
この方式だと、さらに共鳴音を分散できるので、究極のBLHになるかもしれません。
ちょっと、研究する価値のある方式かもしれません。

それでは、皆様、良いお年をお迎えください。


Monolith-08 | 15:30:57 | トラックバック(0) | コメント(21)

FC2Ad

まとめ