■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
D2 はイマイチかも・・・

tp-d2


最近まで、TOPPING の D2 というヘッドフォンアンプ付きのDACを、
その使い勝手のよさから、愛用していたのですが、
段々その音に嫌気がさしてきて、
今は、S.M.S.L の SD-1955+ というDACを使っています。

sd-1955+


TOPPNG D2 は、音に独特のヒリヒリした質感と硬さがあり、
最初はエージングでこなれてくるだろうと思っていたのですが、
どうも、これはエージングでは解決しなさそうな感じなのです。

それに対して、S.M.S.L の SD-1955+ の方は、
D2 より音がクリアーなのに、音に柔らかさがあり、
音のたたずまいが、D2 のデジタル的な質感と比べると、
よりアナログ的な、滑らかで自然な質感です。

SD-1955+だと、Tripath のTA-2020を使ったデジタルアンプの、
SA-S1 でも普通に聴けます。
以前、TA2020はイマイチ的なことを書きましたが、
その原因はDACの方かもしれません。
SD-1955+で聴くTA2020の音は、晴れやかでなかなか良いです。
D2 だと、音のヒリヒリ感や硬さが強調され、長時間は聴けません。

SD-1955+ の購入当初から、一聴して感じていたことですが、
音のクオリティーということでは、どう聴いてもSD-1955+の方が良いんですよね。

じゃあ、SD-1955+ を使っていればいいじゃないかという話ですが、
SD-1955+ は、色々と音以外の欠点が多いのです・・・

例えば、このSD-1955+は、電源の電圧の変化に脆弱で、
他の部屋で蛍光灯を点けたり消したりしただけでも、音が途切れます。
自然に復帰することもありますが、大抵は、そのまま音が出ない状態になり、
プレーヤーを一度 閉じて、再び起動する必要があります。
そして、それでも駄目なときは、SD-1955+ の電源を一度切ってから、
再び電源を入れなければなりません。
しかし、これでも音が出ない時もあり、
その場合は、PC側のマスターボリュームの位置のチェックもする必要があります。
電源を入れなおすと、マスターボリュームの位置が勝手に変わってることがあるからです。

そして、ソフトウェアのドライバーにバグがあるのか、
Gom Audioなどの一部のプレーヤーでは、
音が途切れた後に再起動しようとしてもできないなど、色々と不具合が多いようです。

もちろん、これは Gom Audio 側のバグの可能性もあります。
そう言えば、Gom Player では、再起動した時に、
コーデックが見つからない(無い訳がないのですが)という表示が出て、
再生不能になることがたまにあります。

SD-1955+ は、安価で音も良いのですが、
物としての完成度には、疑問を感じる点も多いのです・・・

音の短所としては、D2より、低域に厚みが無いことくらいでしょうか。
帯域のバランスはD2の方が良いかもしれません。

しかし、D2 は本当にこんな音なんでしょうか?
このD2は一度故障して、交換してもらったものですが、
交換前のものと少し音が違うような気もしますし・・・
どうも中国製は個体差が大きいような気がします。
パーツの品質にばらつきがあるんじゃないでしょうか?

Tripath TA2021 を使った、SA-S3 というデジタルアンプ は、
片チャンネルから「ブー」というハムノイズが出てるし・・・
中国製は当りハズレが大きいようです。

D2 のヘッドフォンアンプの音も、同様のヒリヒリ感や硬さがあるので、
もしかしたら、スイッチング電源が原因かなとも思いますが、
容量の大きいトランス式のアダプターもなかなか売っていので、
確かめることもままなりませんね。

スポンサーサイト
DAC | 10:32:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
NFJ USB Audio Converter
NFJ の USB Audio Converter のキットを組み立てました。

nfj_usb_dac_20160727


上の画像がそれですが、文庫本の半分程度の大きさしかありません。

デザイン的には、それほどでもありませんが、
Korva は、小さくて可愛いものが好きなので、
こういうものは、結構 好みではあります。

サイドの放熱フィンが良い感じですが、サイドにしかフィンが無いのは、
おそらく、他の機器を積み重ねることを想定しているのでしょうか・・・

これは、デジタル→デジタル変換と、
デジタル→アナログ変換をするオーディオ・コンバーターですが、
Korva は専ら、DAC として使用しています。

nfj_usb_dac_i_20160727


上の画像は、基盤の様子です。

基本的な部品構成を知っている方は判ると思いますが、
最初から、フル改造という感じです。
(そのうち、改造の説明記事を書きたいと思います)

この基盤は非常に小さいので、
半田付けしていると、目がチカチカしてきますね・・・
でも、やはり、電子キットを組み立てるのは楽しいものです^^

音のほうは、ナチュラル・サウンドで、十分に満足できるものです。
手元にある、3台のDAC の中では、これが最も気に入っています。

Topping D2 と比べると、低域のゴロンゴロンした硬さは負けていますが、
それ以外は全て、こちら(NFJ)が上回っていると感じます。
S.M.S.L SD-1955+ と比べても、特に負けている要素は無いようです。

PCM2704 というチップは、最大で16bit 48kHz までのD-A変換しか出来ませんが、
アナログ的に、スムーズで滑らかな変換をする、優れたチップのようです。

D2 のチップも、PCM2704 ですが、音は結構 違って、D2 は音が硬いです。
ロー・パス・フィルターが、NFJ の方はパッシブで、
D2 の方はアクティブというのが影響しているのかもしれません。

使い勝手は、D2 が一番良くて、
NFJ の方は、一度 電源を落としたり、USBケーブルを外したりすると、
パソコンが認識しなくなるので、パソコンを再起動する必要があります。
D2 は、電源を落としてから、また電源を入れても、普通に認識されます。


DAC | 12:46:12 | トラックバック(0) | コメント(7)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。