■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
DAC 昇天

dac昇天


愛用していた、ヘッドフォンアンプ付きUSB・DAC がご昇天しました。
Topping の D2 というDAC です。

とりあえず、新しいDACを入手するまでは、
周波数特性の測定などはできなくなってしまいました。
パソコンのライン出力からだと、DACに比べてナローな特性になってしまうのです。
安物パソコンなので、サウンドボードもさぞかしローエンドなしょぼいものが・・・

そういうわけで、DACが使えないので、
今のところ、パソコンのラインアウトから出力される音で音楽を楽しんでいるのですが、
これが意外にもなかなか良いのです。

安物パソコンのオーディオボードなど、所詮こんなものという意識があると、
その音について、あれこれ考えてもしょうがないという意識になるのでしょうか、
DACが無いほうが音楽を聴くのが楽しいのです。

パソコンのライン出力は、DACに比べると、全くのローファイで、
fレンジ、Dレンジ、解像度、透明感、あらゆる音の要素が遠く及ばないのですが、
何と言うか、ソースが悪くても、耳に優しく聴かせ、
余計なことを考えずに、音楽に没入できます。

そういえば その昔、エレキットの真空管アンプと真空管CDプレイヤー、
ダイトーボイスのロクハンの密閉箱というシステムで、
音楽を聴いていた時期のKorvaはとても幸せでした。

真空管を使ったシステムなので、歪みは多いし、
ダブルコーンのロクハンなので、高域は共振も多く、位相の違う音で歪みまくりだろうし、
エンクロージャーは密閉型なので、低音なんか全然でないし、
特性的には全然 大したことのないシステムでしたが、
音楽を聴く道具としては、優れていたのだろうと思います。

このシステムで音楽を聴いていると、音について何も考える必要がなく、
あっという間に作品の世界に引き込まれ、
何度も、作品と一体化するような、陶然とする幸福感が味わえたものです。

デジタルオーディオに切り替えてからは、なぜか音が気になって、
なかなかそういう境地に達することができませんねぇ・・・
どうも、音がクリアーすぎて雑味が少ないと、音の細部が気になってしまい、
「木を見て森を見ず」という感じになるのではないかと思います。

細部が見えない → 細部が気にならない → 作品の本質に迫ることが比較的容易
細部が見える → 細部が気になる → 作品の本質に迫ることが比較的難しい
ということかもしれません。

なので、音楽から感動を得るためには、
Hi-Fiであれはあるほど良いとは言えないような気がします。
これ以上音を良くしても意味がない、というラインがあるのかもしれません。

DACとデジタルアンプの間に、真空管バッファアンプでも挟んで、
適度に劣化と歪みを加えた方が、音楽を聴く道具としては、
より良いシステムになるんじゃないかなぁ・・・という気がしてきました。


スポンサーサイト
オーディオ | 11:49:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
夏のオーディオ
前回の更新から、少し間隔が開いてしまいましたが、
新しいプロジェクトを始める前に、
ホームページの方で、気になっていたことを片付けていました。
まだ少し、やりたいことが残っていますが、ひと段落ついた感じではあります。

今回の記事は、ちょっとした小ネタなんですが、
暑い日のオーディオについて少々・・・

暑い日も寒い日もオーディオなんて同じだろ?という感じですが、
PCオーディオだと、これが少し違うようです。

まず、オーディオプレーヤーによって、CPU に掛かる負荷が違うので、
負荷の大きいプレーヤーを使うと、冷却ファンの回転が速くなり、
PC の発するノイズが多くなります。

ホームページの方で、
スピーカーの音を録音して、You Tube に上げたりしていますが、
かなりノイズが多いのは、PCの冷却ファンの発するノイズが原因です。

特に、Frieve Audio などは、HSC 機能などを使うと、明らかに音質は向上しますが、
冷却ファンの発するノイズがとてつもないことになり、
音楽の細部が聞き取れなくなるので、音質向上の意味がほとんどなくなります。
冬だと問題にならないんですが、夏だと、KorvaのPCには負荷が大きいようです。
なにしろ、いまだに、Celeron D ですからね。

それで、Gom Player とか iTunes とかを使うことになるわけですが、
Gom Player は、起動も早く、負荷も小さいようで、
冷却ファンがブンブン言わず、なかなか快適です。

それに対して、iTunes は、起動が遅いので、CPUに対する負荷も、
さぞかし大きいだろうと、勝手に思い込んでいたのですが、
意外にも、これが結構 負荷が軽いようで、
あまり冷却ファンがブンブン言わないんですよね。
ほとんど、Gom Player と変わらないんじゃないでしょうか?

しかも、気のせいだとは思うんですが、
iTunes の方が、Gom Player より、音が滑らかなような気がします。
つまり、iTunes の方が音が良いのではないかと・・・

アルゴリズムが違えば、音も違って不思議ではないんですが、
復元された波形が、プレーヤーによって、それほど違うとも思えませんし・・・
多分、気のせいだとは思いますけどね。

しかし、まぁ、iTunes は、負荷も軽いようですし、音も良いような気がするので、
暑い日に使うプレーヤーとしては、いいんじゃないでしょうか?

それと、アンプです。
最近、よく使っているのが、S.M.S.L の SA-98 なんですが、
これは、出力が大きいので、効率の高いデジタルアンプと言えども、
結構 熱くなります。

アンプはあまり高温になると、電解コンデンサーの劣化が早くなるので、
できれば、あまり熱くならない方がいいのですが、
アンプを冷却する、ちょっとした小技を一つ。

anp_heatsink


少しまえに、S.M.S.L の SA-4S というアンプに使われている、
Tripath TA2024 に貼り付けた、ヒートシンクの残りの部分を、
アンプの上に載せています。

ちょっと見栄えは悪いのですが、
なかなか効果があるようで、アンプのケースを触ると、
載せる前に比べて、明らかに温度が低くなります。

SA-4S のように、出力の小さいアンプだと、
暑い日でも、お風呂のお湯くらいの温度にしかなりませんが、
SA-98は、暑い日だと、触れないくらい熱くなります。
しかし、これを載せると、普通に触れる程度の温度にはなるようです。

今のところ、このヒートシンクは他に使い道がないので、
暑い日には、アンプの上で活躍してもらいましょう。

それと、多分これも、気のせいだとは思いますが、
暑い日には、スピーカーの低音が豊かになるような気がします。
もしかして、エッジとかダンパーとかの支持系が柔らかくなり、
振動系が動きやすくなるのが原因かな?とも思いますが、
どうなんでしょうね・・・


オーディオ | 11:32:24 | トラックバック(0) | コメント(3)
NFJ Little Susie
NFJ (North Flat Japan) で、リトル・スージーという可愛い名前の、
電源用の外部キャパシタを2セット買ってみました。

little susie


以前から、アンプとDACの電源用に、こういうものがあればいいなぁと思っていたところ、
blue*dropのスピーカーのユーザーの方に、リトル・スージーの情報を教えていただきました。

そして、早速NFJのブログを覗いてみたところ、ちょうどオークションに出品中だったので、
DAC用とアンプ用に、2つ買ってみたわけです。

スイッチング電源のスイッチングノイズは可聴域外という事ですが、
トランス式の電源に比べると、ヒリヒリした感じや、ザワザワした感じがあり、
特に高域での滑らかさやエレガントさが足りないような気がするので、
この製品によって、電源の品質が上がれば、
そういう点も、少は改善するだろうと思っています。

このキャパシタボードには、ノイズフィルターも搭載されているので、
電源ノイズに脆弱な機器には、特に有効かもしれませんね。

ちなみに、Korvaの使っているS.M.S.L.のDACは、音は良いのですが、
電源ノイズや電圧の変動に対して、非常に脆弱で、
蛍光灯を点けたり消したりするだけで音が出なくなるので、
この製品の効果には期待しています。

そのうち、プリアンプも導入したいなぁと思っているので、
もう一つ買っておいてもよかったかもしれませんね。

このリトルスージーは組み立てても、
実際に使うためには、入・出力端子が別途 必要なので、
それを入手するまでは、効果の程を確認することは出来ません。
実際に使えるようになったら、またレーポートしたいと思います。


オーディオ | 10:01:27 | トラックバック(0) | コメント(3)
オカルト・オーディオ だと思っていたら・・・
オーディオの世界には、結構、オカルト的な話が多いのですが、
Korva は、オカルト的な話が好きな割には、
オーディオ界のそういう話は、どちらかと言うと嫌いな方です。

オーディオ界のオカルト的な話は、
使う道具が変わると、その道具から受ける印象も変わるので、
その心理的効果によって、主観的な音の聴こえ方が変わることに基づいているのだと、
Korvaは、基本的に思っています。

つまり、客観的な音の変化は無くても、
主観的な音の変化が確実にあれば、
それを聴いてる本人にとっては、
確かに、音が変わったと言えるのだと思います。

オーディオは、それを聴いている本人にとって、
どう聴こえるかが最も重要なことなので、
それはそれで、ありだとは思います。

ところで、オカルト・オーディオ的な話の一つとして、
「電力会社によって、音が変わる」
というのがあります。
最初にこれを聞いたときには、
あまりにも馬鹿げた話だと思ったのですが・・・

最近、NFJ の「リトル・スージー」というキットを組み立てて、
これをデジタル・アンプの電源に接続して使っています。
これは、ノイズ・フィルターの機能を備える外部キャパシタなのですが、
これを使うと、明らかに音が変わります。

LittleSusie


デジタル・アンプの音は、どうも「ザワザワ・ヒリヒリ」した感じがあるのですが、
リトル・スージーを使うと、「ザワザワ・ヒリヒリ」した感じが減少し、
少し、アナログ・アンプ的なまろやかさや、静寂感が増してきます。

この変化は、リトル・スージー のノイズ・フィルター機能によって、
スイッチング電源が発生させるノイズがカットされる効果と、
大容量のコンデンサによって、リップルが減る効果に基づくものだと考えられます。

そして、その「リップルが減る」で思いついたのですが、
西日本と東日本では、電力会社が供給する交流電源の周波数が違い、
西日本では、60Hz なのに対して、
東日本では、50Hz となっています。

ということは、同じオーディオ機器を使っている場合、
東日本のほうが、平滑後の電流に含まれるリップルが大きくなるので、
「東日本のほうが音が悪い」ということが言えるかと思います。

そして、東日本で、西日本と同じ品質の音にするには、
電源平滑用のコンデンサの容量を、
1.2倍程度にする必要があります。

しかし、最初に、「電力会社によって音が違う」という主張をした人が、
ただ音を聴いただけで、そう判断したのだとしたら、
大した耳の持ち主だと思います。

また、人が無意識的に持つ「思い込み」の多さも、改めて認識しました。
なんにしても、印象や先入観で判断すべきではありませんが、
やめようと思っても、無意識的・自動的に、
印象や先入観で判断してしまうのが人間の特性です。
しかし、そういう特性については、意識しているだけでも、
少しは違ってくるかもしれません。


オーディオ | 10:56:45 | トラックバック(0) | コメント(4)
S.M.S.L SA-S3 と SD-1955+ のコンデンサー
Korva の持っている、S.M.S.L のアンプ、SA-S3 は、買ったときから、
片方のチャンネルから、「ブーン」というハム・ノイズが出ていました。

そして、同じく S.M.S.L の DAC、SD-1955+ が最近、
電源を入れると「ピー」という音が出るようになりました。

これは、どこかに異常があるのだろうということで、
テスターを購入して、コンデンサーの極性チェックをしてみたところ、
両方とも、1箇ずつ、間違って取り付けられている箇所がありました。

sa-s3_20160615


上の画像は、SA-S3 ですが、
白い入力カップリング・コンデンサーと電源スイッチの間にある電解コンデンサーが、
プラス・マイナス逆に、取り付けられていました。

このコンデンサーは、アンプIC のレギュレーターが出力する、
5V電源の平滑用コンデンサーなので、
ここのコンデンサーが逆に取り付けられていたと言うことは、
レギュレータの5V出力が、全く平滑されずに、
アンプIC の、5V入力端子に接続されていたわけですね。

画像の、緑色のコンデンサーは、
新たに取り付けたもので、6.3V 1000μF のものです。
もともとは、16V 220μF だったので、容量をかなり増やしました。
5Vラインなので、6.3V でも問題はありません。

試聴したところ、「ブーン」というハム・ノイズは全く無くなりましたし、
無音時に音量を最大にしても、ヒス・ノイズもほとんど聴こえません。

音のクオリティー自体も、修理前より、かなり向上し、
クリアーでしっとりした、ナチュラルな音になりました。
これが、SA-S3 の本来の音ということでしょうね。

そして、DAC の SD-1955+ です。

sd-1955_20160615


上の画像のC23の部分の電解コンデンサーの向きが逆でした。
(画像のコンデンサーの向きが、正しい方向です)

C23のコンデンサーを外してみたところ、
基盤の表示とコンデンサーの向きは同じだったので、
工員さんが間違って取り付けたわけではなく、
基盤の表示自体が、間違っているようですね。
(ということは、不良品がかなり出回っている?)

ネットで検索してみたところ、外国のサイトですが、
やはり、このコンデンサーの向きの間違いについて、
指摘したものがありました。

このコンデンサーの役割は不明ですが、
他に同じコンデンサーを使っている場所が無かったので、
(カップリング用やフィルター用だと複数あるはずなので)
何かのデカップリング用だろうと推測し、
ならば容量を増やしても問題は無いだろうということで、
もともとは、16V 47μFのものでしたが、
10V 220μF のものを新しく取り付けました。
電源が9Vなので、10Vで問題ありません。

そして、試聴したところ、「ピー」という音は全くなくなりました。
SD-1955+ の音は気に入っているので、
これでまた、しばらくは楽しめそうです。

しかし、アンプもDACも、そんなに沢山 持っているわけではありませんが、
同じ人間の所に、不良品が2台とは、なかなかの確率ですね。
QC PASS というシールは、ちゃんと貼られていますが・・・

Topping のDAC、D2 も一度 壊れて、交換してもらったのですが、
交換してもらう前と比べると、(悪い方向に)かなり音が変わったので、
これも、怪しいですね・・・

一応、チェック方法を書いておきます。

フィルム・コンデンサーやセラミック・コンデンサーには、
極性が無いので問題ありませんが、
電解コンデンサーは極性があるので、
方向を間違って取り付けられる可能性があります。

テスターを電圧測定モードにして、
アンプやDACの基盤を通電させた状態にして、基盤の裏側から、
電解コンデンサーのプラス端子に、テスターのプラス端子を当て、
電解コンデンサーのマイナス端子に、テスターのマイナス端子を当てたとき、
テスターの表示がプラスの値であれば、OKですが、
もし、マイナスの値であれば、
電解コンデンサーの向きが間違っているということです。


オーディオ | 13:08:43 | トラックバック(0) | コメント(8)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。