■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

OLYMPUS SZ-14
sz-14

デジカメを新調しました。
オリンパスの SZ-14 というカメラです。

このカメラは、10,000円未満という低価格に引かれて購入したのですが、
なかなかどうして、この性能のカメラを、
この価格で売っていいのだろうか?という感じの優れもので、
久々に、お買い得感のある品物でした。
なんとなく時代の流れを感じます・・・

その安さの秘密は、Made in Japan ではないということです。
まぁ、日本製は物にもよりますが、本当に壊れにくいですからねぇ。
確かに、値段なりの価値はあると思います。
SZ-14 は、安物買いの銭失いにならなければ良いのですが、
5年くらい(欲張りすぎ?)故障しなければ、ラッキー♪という感じでしょうか。

現物を見る前は、もっとプラスチッキーでチープ感満載だろうと想像していましたが、
トップカバーなどの樹脂製の部分は、ハンマートーン塗装で(黒のタイプ)、
結構 高級感のある仕上がりですし、デザインも悪くありません。

モニターも大きくて見やすく、
操作性もコンパクト・デジカメとしては、不満を感じる点は特にありません。
他の方のレビューを見ると、電池の持ちが悪いということですが、
Korvaは、まだ電池が切れるまで使ったことが無いので分かりません。
画像をパソコンに取り込む際に、USBケーブルで接続しておくと、
勝手に充電されているので、なかなか電池がなくならないのです。

しかし、ズーム倍率が24倍と大きいですねぇ・・・
で、F値が 3.0-6.9 です。
24倍ズームとしては、暗い方ではないですが、
ズーム倍率は、せいぜい5倍程度、なんなら、3倍でも良いですが、
F値は2以下だと、雰囲気のある素敵な写真が撮れて良いと思うのですが・・・
おそらく、F値の小ささより、ズーム倍率の大きさのほうが、
画素数の多さがそうである様に、セールスポイントになるのでしょうね。

以前、カシオの QV-3000EX というカメラを使っていたのですが、
CCD が比較的大きめで、レンズも3倍ズームで、
F値が、2.0-2.5 とかなり小さかったので、
ポートレートモードにしておくと、背景がきれいにボケて、
なかなか良い写真が取れていたのですが(下図参照)、
ちょっと前に壊れてしまいました。

ICレコーダー2


で、SZ-14 の話に戻りますが、
CCDが、1/2.3型で小さいですし、
レンズのF値が、3.0のワイド端の焦点距離が、
35mmフィルム換算で、25mmとかなり広角になるので、
かなり寄っても、なかなか背景がボケてこないんですよねぇ・・・

このカメラで、背景をぼかすには、
ある程度、望遠にして、
撮影モードは、ポートレートモードで、
ISO感度を低くし、手ブレ警告マークが出るくらい、
シャッタースピードが遅くなった状態で(絞りを開放にするため)、
かなり寄って撮るという感じになるのですが、
このカメラは、手ブレ補正機能がついているので、
この方法で、まあまあ行ける感じです。

前置きはこのくらいにして、以下に少しですが、
SZ-14 で撮った写真を載せておきます。

himeshaga


庭のヒメシャガ。
空気感があると言うほどではありませんが、
まあまあ立体感もあり、自然なボケ味です。


hana


毎年勝手に咲く名前の分からない花。
熊蜂が蜜を求めてやってきています。
熊蜂はむくむくして可愛いやつです^^
(そう言えば、子供の頃、その可愛さと大人しさに釣られて、
なんとなくつかんでしまい、刺された痛い経験があります)
このブログのテンプレートだと、大きい画像が載せられませんが、
大きい画像だと、背景のボケが、なんとなくガチャガチャした感じがしないでもない・・・
焦点距離によって、ボケ味が変わるのでしょうか?


kusa


たぶんしそ科の、何かの雑草。
花が可愛く、葉にグラデーションがついて面白いので、抜くのが忍びない。
これは結構背景のボケ味が良さそうですが、
大きい画像だと、2線ボケっぽくなってる部分も・・・


dokudami


ドクダミ。
これはあまり背景をぼかしていませんが、
ボケ味が自然で、立体感のある写りで悪くありません。


roba


室内で撮った、ロバの置物。
このロバは大きさが10cmも無いので、望遠気味でも結構寄れますし、
室内なので、絞りも開放になってくれるので、
背景がきれいにボケて、ロバも立体感を持って、
背景から浮き上がった感じに撮れてます。
こういう小さいものだと、盛大に背景をぼかせるので、
雰囲気のある写真を撮れます。

しかし、スピーカー程度の大きさのものだと平板な感じに写るので、
このブログやホームページの画像のクオリティーは、
以前とあまり変わらないかもしれません・・・


スポンサーサイト
カメラ | 12:44:54 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ