■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
S.M.S.L SA-S1+

SA-S1


たまには、スピーカー以外のオーディオネタなどを・・・と言うことで、
今回は中国製のデジタルアンプ、S.M.S.L社の SA-S1+(SA-S1+S-EX)です。

SA-S1+ に使われているチップは、
おそらく最も有名なデジタルアンプICである、TRIPATH社のTA2020 です。
このチップのファンは多いようで、ネットでも良く見かけますし、
口さがない某掲示板などでの評判も上々のようです。

いわゆる中華アンプは何個か持っているので、
このポピュラーなチップを使ったアンプを基準にして、
レビューなどを書いてみたいと思います。

しかし、TA2020 は人気があるとは言え、
どちらかと言うと、少し個性的な音かもしれません。
本当は、TA2021 あたりを基準にして、
比較記事を書いたほうが良いのかもしれませんが、
TA2020 のアンプの音は、聴いたことがある人が多いだろうなと言うことで、
とりあえず、最初は、TA2020 を使った、SA-S1+ のレビューです。

このTA2020というチップは、これを使った安価なアンプが、
ブラインドテストで、超高級アンプ(330万円)より、高い評価を得たということで、
半ば伝説化していることから、ネット上での高い評価は、
プラセボ効果によって、多少の影響を受けているかもしれません。

しかし、オーディオ機器というものは、こういうことが起こりやすいものではあります。
同系統の技術を使った機器なら、基本性能を1%上げると価格は2倍という世界ですし、
特に、アナログ機器とデジタル機器を比べた場合は、音質的な特徴の違いから、
比較条件によっては、ハイエンドがローエンドに負けるということも、十分ありえます。

例えば、SA-S1+ のように小さなアンプでも、通電直後の音と、
通電してから、半日後の音では、別のアンプなのでは?というほど音が違います。
この違いは、アンプに使われている電解コンデンサーなどが、
性能が安定するまでに、ある程度の時間を要することが原因なのではないかと思いますが、
特に、高級なアンプなどは、使われる電解コンデンサーの容量も非常に大きくなるので、
電源を入れてから、性能が安定するまでに、かなりの時間を要するのではないかと思います。
ですから、試聴テストの直前に、電源を入れてブラインドテストという条件では、
通電直後から、比較的クリアーで音の良い小型デジタルアンプに比べて、
高級大型アンプほど不利になるような気は、しないでもありません。

TA2020 が、いくら優れたチップだとしても、
デジタル機器の進化は早く、日進月歩で性能が良くなっていくものですから、
それに関する魅力的な物語が多くても、あまり特別視をするのはどうかと思います。
おそらく今は、もっと良いチップがあるだろうと思います。

このSA-S1+ というアンプは、価格的にはローエンドですが、
基本的な性能は十分で、これしか持ってなければ、
おそらく、これだけでも満足できる音質だろうと感じます。

音質的な特徴は、解像度が高く、ダイナミックレンジが広く、
いわゆる音離れの良い音で、華やかに、軽やかに、
キラキラと散乱するタイプの音です。

しかし、このアンプは、もしかしたらTA2020の特徴かもしれませんが、
少々音の解像度が高すぎるかもしれません。
音のエッジが、くっきり、はっきり、しているため、
ソースの録音状態が悪かったり、ビットレートが低かったりすると、
てきめんに中域や高域がデジタル臭くなり、
実用性が疑われるほど、ひどい音になります。
CDからリッピングしたソースでも、録音状態の良くないものは気持ちよく聴けませんし、
圧縮音源は320kbps程度でなければ、ギスギスしたデジタル臭い音になります。

ソースが良ければ、素晴らしい音で聴けますがすが、
その解像度の高さから、ソースを選ぶ傾向が、
普通以上に強いということが言えると思います。

しかし、まぁ、ソースが良ければ、よい音で鳴るということは、
基本的に、このアンプは、音が良いのであろうと言えると思います。
音の悪いアンプは、ソースが良くても、良い音では鳴らないでしょうから。

TA2020が好きな人は、おそらく、
この解像度が高く、エッジの立った音が好きなのかもしれませんが、
Korvaは、気持ちよく聴ける、良質のソースを探すのが面倒なので、
もう少しアナログっぽい、滑らかな音のほうが好みのようです。

欠点としては、上記の問題以外にも、低域が少し緩めかもしれません。
デジタルアンプは、電源で音が変わるという話を仄聞しますので、
もしかすると、この点は電源強化によって解消する可能性もあります。
このアンプには、12V,3.8Aの出力45.6Wの電源が付属していますが、
電源の電圧を12Vより高いものにすることで、
低音が良くなるという話もあるようですね。
(しかし、壊れる可能性があるので、お薦めはしません)


スポンサーサイト
アンプ | 12:55:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
S.M.S.L SA-98

SA-98


今回は、S.M.S.L 社の SA-98 (SA-98S-EX)というデジタルアンプです。
このアンプに使われているチップは、ポピュラーなTripath製のものではなく、
STMicroelectronics(STマイクロエレクトロニクス)社製の TDA7498 というチップです。
このチップは、Tripathのチップのクールな音とは、やや音の傾向が違うようで、
デジタル臭さが少なく、アナログぽい温かみのある音だと感じます。

SA-98は、Tripathのチップを使ったアンプと比べてみると、
先ず、低域の表現力に、かなりの差を感じます。
低域に厚みと硬さがあり、ゴロンゴロンとしたソリッドで芯のある低音が楽しめます。
そして、低域の解像度も良いようで、低域楽器の音色や質感も自然でリアルです。

中域と高域は、アナログアンプのような、滑らさと柔らかさがあり、
みっちりとした密度感と充実感があります。
しかし、柔らかい音だとは言っても、音が団子になることはなく、
クリアーで見通しがよく、個々の楽器もしっかり分離されており、解像度も問題ありません。

そして、音が柔らかいのに、音離れがよく、スピーカーが透明になる感じがします。
スピーカーから音が出ているという感じではなく、空間そのものが鳴っているという感じです。

それに対して、Tripathのチップを使ったアンプは、
軽やかで、音離れは良いのですが、音が僅かに人工的なため、
スピーカーが透明になるという感じはなく、
やはり、機械が鳴っているという感じはぬぐえません。

Korvaは、Tripathのチップだと、真空管バッファアンプがほしくなります・・・

アンプはスピーカとは違って、周波数特性はフラットなものが多いはずですが、
SA-98は、中域や高域の音色がナチュラルで、耳につかないせいか、低域が豊かに聴こえ、
いわゆるピラミッドバランスの、どっしりとしたリッチな音に聴こえます。

それに対して、Tripathのチップは、もともと低域が薄いような気がしますが、
中域や高域が硬質で、やや目立つこともあって、
相対的に、低域が目立たなくなっているのかもしれませんし、
電源の非力さも原因の一つかもしれません。

SA-98_2


このアンプには、かなり強力な電源が付属しています。
画像の左のものがSA-98付属のアダプターで、右のものがSA-S1+のものです。
体積にすると、4倍はあるのではないでしょうか。
そして、この電源の大きさの違いが、
低域のクオリティーの違いとして現れているのかもしれません。

しかし、SA-98に付属している、このスイッチング電源は、
32V , 4.5A なので、出力は、144W ということになり、
片チャンネルあたりでは、72W ということになります。
SA-98の出力は、公称 80W+80W ですが、
実際は、その90%の出力ということになります。

電圧が32Vであれば、5A以上の電流を流せる電源を調達できれば、
公称通り、80W+80W の出力が得られるはずです。
まぁ、そんな大出力は必要ないので、特に問題は無いのですが・・・

SA-98は、厚み、柔らかさ、繊細さ、透明感、密度感、軽やかさ、など、
両立しにくい要素が、上手く両立されており、音楽性の高さを感じます。
そして、ナチュラルでアコースティックな音色ながら、
脳内麻薬を分泌させるような、オーディオ的な快感もあります。

Korvaは、このアンプの音がとても気に入っていて、
欠点を指摘しようにも、特に思い当たることはありませんし、
現状では、これ以上の音を求める気になりません。

音がアナログ的で滑らかなことから、デジタル音源との相性も悪くないようで、
SA-S1+などに比べると、You Tube やニコニコ動画などでも、
楽しめるソースが比較的 多いと思います。


アンプ | 13:57:48 | トラックバック(0) | コメント(2)
S.M.S.L SA-4S

SA-4S


さて、今回の記事も、前回に引き続き、いわゆる中華アンプです。
紹介するのは、S.M.S.L の SA-4S(SA-4S-EX-S)です。

このアンプに使われているチップは、TripathのTA2024で、
公称出力は、15W+15W(4Ω)となっています。

このアンプは、価格的には、ローエンドの中のローエンドと言える物で、
僅か、CD1枚分の値段で買うことができますが、
よくこの価格で、この音のアンプを売ることができるなぁと感心します。
普通に考えると、ケースだけでも、それくらいになりそうですが・・・

しかし、このアンプの音はなかなかのもので、
Korvaのお気に入りのアンプの1つです。
これしか持ってなければ、これだけで満足して、
音楽を楽しんでいるだろうなぁと感じさせる実力と音楽性があります。

音色的には、Tripathのチップに共通する人工的な感じがありますが、
TA2020やTA2021に比べると、少し柔らかいアナログ的な音だと感じます。

TA-2020を使ったSA-S1+に比べると、中域・高域が少し柔らかいので、
意識がそっちに引っ張られない分、相対的に低域が豊かに聞こえます。
SA-98のような、ピラミッドバランスという感じではありませんが、
中域・高域に強調感のない、バランスの良い音に聞こえます。

そして、低域の質感もなかなか悪くありません。
SA-98のようなゴロンゴロンした感じではありませんが、
しっかりとした芯のある、質感を伴った味のある低音だと思います。

もしかすると低域は、SA-S1+の方が絶対的な質と量いう点では、
SA-4Sに勝っているのかもしれませんが、
SA-S1+は中域・高域がシャープで硬く目立つために、
相対的に低域が緩く薄く聞こえるのかもしれませんし、
SA-4Sは中域・高域が比較的柔らかいため、
低域が相対的に硬く豊かに聞こえるのかもしれません。

中域・高域の音色は、クールでもなくウォームでもなく、
ニュートラルな感じなので、暖かさや柔らかさなどの、
血の通った表現力と言う点では、SA-S1+よりも勝っていますし、
ボーカルの表現力という点でも同様で、
優しさや繊細さを感じさせる、なかなか魅力的なボーカルを再生します。

SA-S1+は、何でもクールに鳴るので、音色の表現が狭くなる傾向がありますし、
微細な部分が強調されるので、個別の音が主張しすぎて、
ガチャガチャした、やや品の無い感じに聞こえます。
おそらく、SA-S1+は、柔らかく暖かい音のスピーカーに組み合わせると、
また違った発見があると思いますが、
同じスピーカーで試聴する限りでは、そんな感じです。

SA-S1+を聴くと、過ぎたるは及ばざるが如し、と言うか、
やはり、何事も、バランスが大切だなぁと感じます。

SA-4Sは、S.M.S.Lのアンプの中でも、価格が最も低いものですが、
音質的にはバランスが良く、特に欠点はありませんし、
「ローエンドの名器」と言っても良い感じの完成度だと思います。
Korva的には、これは結構お薦めな感じのアンプです。

余談ですが、
TA-2020のSA-S1+、TA-2021のSA-S3+、TA-2024のSA-4S、には、
12V,3.8A の同じ出力の電源が付属しています。
Tripathのこの3つのチップは、4Ωでの効率が81%なので、
最大出力が、12*3.8*0.81≒37W ということになり、
SA-4S以外では、出力が足りない計算になりますが、
価格が価格なので、S.M.S.Lとしては、
この電源はあくまでも、「おまけ」という感じなのかも知れません。


アンプ | 12:00:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
S.M.S.L SA-S3+

sa-s3


今回の記事は、S.M.S.L社のデジタルアンプ、SA-S3+ です。

このアンプのチップには、Tripath社の TA2021B が使用されており、
出力は、25W+25W (4Ω)です。
同社の TA2020 の 20W+20W 、TA2024 の 15W+15W と比べると、
少し出力に余裕があります。

とは言っても、20Wと25Wだと、実際にスピーカーから出せる音量は、
√(25/20)=1.118 倍で、ほとんど同じですが。

このアンプは、TA2020 を使った SA-S1+ のように
ディテールが強調されることも無く、
どちらかと言えば、落ち着いた音がする、
特に特徴の無い、普通のアンプという感じです。

低域は、SA-S1+ に比べると、芯と厚みがあるように感じます。
しかし、SA-98EX のように、ピラミッドバランスという感じではなく、
あくまでも、フラットバランスという感じでしょうか・・・

SA-S1+ よりも、中域・高域が柔らかい分、
相対的に低域がしっかりと聴こえるということかもしれません。
おそらく、低域の絶対量ということでは、SA-S1+ と大差ないと思います。

中域・高域が、SA-S1+ に比べると柔らかめだとはいっても、
音色的には、どちらかと言えば、クールで固めな音だと感じますので、
柔らかく暖かい音が好きな方は、SA-4S-EX などの、
別のアンプの方が良いかもしれません。

アンプの音は、機種による差が小さいので、
スピーカーの音のように、一聴して違いが分かるという程の差は無く、
注意して聞き込めば、小さな違いが分かるかも知れないというレベルで、
SA-S1+ を使っていた人が、ある日、アンプをSA-S3+ と入れ替えられても、
見た目もほとんど同じなので、気がつかない人も多いと思います。
気がつくとしても、「最近なんとなく音が落ち着いてきなかな?」という感じで、
アンプが変わったことには、気がつかないかもしれません。

強いて言えば、
落ち着いた音が好きな人、全体のバランスが聴きたい人は、SA-S3+
キラキラと散乱する音が好きな人、ディーテールを細かく聴きたい人は、SA-S1+
という事は、言えるかもしれません。


アンプ | 11:15:16 | トラックバック(0) | コメント(2)
TA2024 に ヒートシンクを取り付けました
S.M.S.L の SA-4S というアンプがあります。
このアンプは、低価格ながら、音が滑らかで、
低音もそこそこ出て、各帯域のバランスも良く、
なかなか味わいのある音で、Korvaのお気に入りです。

SA-4S に使われている、デジタルアンプIC は、
Tripath の TA2024 というチップで、出力が15w+15w と小さく、
発熱量が少ないため、TA2020やTA2021と違って、
チップにヒートシンクを付けなくても使用可能です。

しかし、これは、空冷エンジンに放熱フィンがついてない感じで、
なんとなく、心もとない。
そして、ヒートシンクの付いたチップは、
なんとなく、格好良い、ということで、
付けなくてもよいヒートシンクを、敢えて取り付けることにしました。

まず、ネットで、TA2024のサイズを調べてから、
SP01 というネットショップで買った、アルミ製ヒートシンクを、
いつも利用しているホームセンターで、
適当な大きさにカットしてもらいました。

heatsink1


これで1カット100円ですか、う~む、
結構荒っぽい仕事ですね・・・

まぁ、アルミは柔らかいので、ヤスリで削ればきれいになるでしょう。

そして、適当な大きさに切ったヒートシンクを接着するために、
SA-4S のケースを開けてみました。

sa-4s_i


TA2024は思った以上に小さいですね。
親指の爪くらいしかありません。
サムネイル・サイズ ですね。

ta2024


実は、TA2024は、もともと底面にヒートシンクを標準装備なのです。
底面に露出した金属板から基盤に熱を逃がす仕組みだと、
ネットのどこかで読んだ記憶があります。

チップのへこんだ部分に、金属板が見えています。
これを、基盤の胴メッキされた部分に接触させて、熱を逃がすのでしょう。

これに、さらにヒートシンクを載せようというのですから、
何か無駄なことをしていますね・・・

とりあえず、ヒートシンクをTA2024の上に載せてみようとすると・・・
金色のネジの付いた青い部品(可変抵抗器?)にぶつかって、
上手くTA-2024の上に載せることができません。

これは困ったな・・・ということですが、
ヒートシンクを、もう少し小さくする以外に手は無い、
しかし、ホームセンターで100円出してカットしてもらうのも、
もったいないということで、自分で金切ノコを使いカットすることにしました。

ヒートシンクの谷の部分に、金切ノコで、途中まで溝を刻んで、
後は手で何回かキコキコ曲げて、折り切りました。
これで、ちょうど良い大きさになりました。
思ったより簡単な作業でした。

heatsink2


後は、ヤスリで、バリを取って、きれいに仕上げました。
底面も少し凸凹していたので、丁寧に削って平面にしました。
チップとの接触面が凸凹だと接触面積が少なくなり、
熱が上手くヒートシンクに逃げなくなる可能性があります。

heatsink3


チップとヒートシンクの接着には、エポキシ接着剤を使用しました。
エポキシ樹脂は、半導体をケースに封入する際にも使われているということで、
熱伝導性と絶縁性には問題ないだろうと思います。

ヒートシンクの接着には、熱伝導性の両面テープが良いということですが、
剥がすつもりは無いので、エポキシ接着剤で特に問題は無いはずです。
圧着すれば、接着剤の方が、接着層は薄くできそうですし、
熱伝導性も良いのではないでしょうか?

ta2024_whs


ヒートシンクのサイズに問題が無いことを確かめて、
エポキシ樹脂のA剤とB剤を混合し、TA2024の上面に塗布してから、
他の部品と接触しない位置に、ヒートシンクを載せました。

そして、接着層を十分薄くするために、
ヒートシンクの上に、錘として小さいハンマーと載せて、
圧着しながら、エポキシ樹脂が十分に硬化するまで、1日くらい放置です。

sa-4s_wh


1日後、接着剤が硬化してから通電してみると、問題なく音は出ました。
もちろん、音質的な変化はありません。

1時間くらい音楽を鳴らしていると、ヒートシンクが結構熱くなるので、
チップの熱は、上手くヒートシンクに伝わっているようです。

後は、再びケースを閉じて、ネジを締めれば完成です。

sa-4s_heatsink


これで、少なくとも、TA2024が熱で壊れる可能性は少なくなりました。
音は変わりませんが、猛暑日の大音量再生でも安心です。


アンプ | 14:54:55 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。