■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
新型 Torvi-R08

新型Torvi-R08


新型 Torvi-R08 の設計も出来上がったので。
早速 組み立てて、試聴しています。

最初のTorvi-R08と比べると、
ドライバーの位置を上にずらしたので、
デザイン的には改善されているように思います。

ドライバーの下のスペースが広過ぎるので、
blue*dropのエンブレム[b*d]でも貼り付ければ、
少しは様になるのではないでしょうか?

今回はターミナルを側板に取り付けています。
デザイン的には、裏板に取り付けたほうが好いのですが、
そうすると、音道の一部に穴を開けて内部配線を通す必要があり、
側板を接着した後では内部配線の交換もできなくなるので、
今回はこのようにしてみました。

エンクロージャーを内側に向ければ、
ターミナルは目に入らなくなるので、
それほど見苦しくも無いと思います。

音のほうは、まだ作りたてで、側板も仮留めの状態ですが、
後面開口型らしく、ややシャープでクリアーな音です。

後面開口型は、雑味や歪感が少なく、
ドライバーの持ち味がストレートに出るので、
純粋にHi-Fiを追求するには、最も良い形式なのかもしれません。

低音の量感が少し少ない気がしますが、
まぁ、作りたてはこんなものでしょう。
側板を接着すれば、量感も増えてくるはずです。

開口部ダンプは無しなので、
開口部ダンプの有るものに比べるとローエンドは伸びていませんが、
45Hz辺りまではグリップするようです。

以前のTorvi-R08は、ホーン途中の小穴から出てくる音の質感が、
ホーン開口部からの音の質感と少し違っていたので、
音階によって、音色が変わるソースがあったのですが、
この新型Torvi-R08は、音色の違いから来る違和感が少ないようです。

しかし、旧Torvi-R08の音色の問題は、
エンクロージャーの問題ではなく、ソースの問題かも知れませんが・・・
チェロなどは、弦によって音色が違うので、
単に、弦の音色の違いを再現できているだけかも知れません。

接着剤が乾かないうちに、音についてどうこう言ってもしょうがないので、
今日は以上のご報告にとどめておきます。


スポンサーサイト
Torvi-R08II | 14:43:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
Torvi-R08IIの音道について

torvi-r08ii内部


上の画像は新型Torvi-R08(Torvi-R08II)の内部の様子です。

旧型に比べて、180°の折り返しが一箇所 増えていますが、
なかなか美しい音道構成ではないでしょうか?
何をもって美しいと言えるのだ?と訊かれそうですが、
Korva的には、なんとなく気に入っています。

側板を仮留めの状態でf特を測ってみましたが、
低域はディップ無しの、フラットで綺麗な特性でした。

しかし、側板が仮留めなので、特定の周波数で、側板が「ビビビ」と唸り、
正確なf特が取れないので、f特図はここには載せませんが、
側板を接着して完成したら、そのうち、ホームページの方にまとめる予定です。

見てのとおり、Torvi-R08IIは開口部ダンプ無しです。
ローエンドは、開口部ダンプのあるTorvi-F08などに比べて伸びていないようですが、
低域が、開放感とダイナミックレンジの広さをもって伸び伸びと鳴り、
やはり、開口部の広いバックロードの、部屋の空気を揺らすような鳴り方は、
聴いていて、独特の気持ちよさがあります。

和太鼓などはバスレフでは「ドン、ドン」という感じで、
単にその周波数の音を発生しているという感じで鳴りますが、
バックロードでは「ドォンン、ドォンン、」という感じで、
和太鼓の革の震える様子を描写する感じで鳴り、
バスレフには無いアドバンテージを感じさせます。


Torvi-R08II | 14:56:49 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。