fc2ブログ
 
■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

今年は汚庭の再生を・・・
今年は汚庭の再生を頑張りたいと思います。
庭の手入れをしやすいように、
飛び石を敷いて庭の小道を作りました。
この飛び石は、傷、汚れ、色むらなどがあり、本来 1枚298円のところを、
アウトレットとして、1枚100円で買えました^^
雑草がボウボウだと庭に入っていくのが億劫ですが、
小道があると気軽には入っていけますね。

hyoutan20220517


小道がひょうたん池を横切っていて、
人工的なひょうたん池がより人工的な印象になったので、
自然と人工の美の融合を意識して、
池の一部をレンガでデコレーションしました。
もともと直線的な池なので、
自然の美を目指すのは無理がありますしね。

この庭にはひょうたん池以外に、もう2つの池があります。
トロ船を埋めただけの簡単な池ですが、
雑草が生えてくる面積を少しでも減らしたいという意図もありました。
特徴のない池ですが、そのうち紹介しますね。

庭仕事は精神衛生上 有益ですね。
植物と触れ合うとリラックスできますし、
日光にあたると幸せ物質のセロトニンが分泌されたり、
セロトニンの分泌を促すビタミンDが生成されたりします。
鬱の方には園芸を趣味の一つにすることをお勧めします。
Korvaは庭いじりで、かなり鬱の症状が改善しました^^
雑草取りなどの義務的な作業ではなく、
自分にとっての癒しの空間を創ることを主眼に置くと
より効果的だと感じています。

Korvaは山野草などの小さく清楚な花が好きなんですが、
最近は老眼の影響で小さいものが見にくくなってきたからか、
バラなど大きく派手な花も好いなぁと感じるようになってきました。
妻もバラなどの華やかな植物が好きなので、
今年はうちの庭で一番日当たりのよい一角を
バラコーナーにしようと計画しています。
バラは病害虫に弱く農薬が必須ということですが、
調べてみると、無農薬で育つバラもいくらかはあるようです。
Korvaはアレルギー体質なので、できれば無農薬でいきたいところです。

mokuren20220517


すでに花期は過ぎて花は散っていますが、
我が家のシンボルツリー的なモクレンです。
今年も良く咲いてくれました。


スポンサーサイト



園芸 | 13:26:34 | トラックバック(0) | コメント(6)
ひょうたん池ビオトープ
今年の夏、疑似的な「ひょうたん池ビオトープ」を作りました。

hyotan20211221


材料は、80ℓのトロ船2個 と U字溝1個 と 防水セメント です。
費用は合計4千円未満と、かなりローコストです。

最初、トロ船とU字溝をシリコン・コーキングで接続したのですが、
水漏れしてしまって、どうしたものかと悩んでいました。
その後、YouTubeで、isibonsanさんという方に
「防水セメントで接続すると良い」と教えていただいたので、
防水セメントで接続したところ、水漏れもなく上手くいきました。

トロ船の縁が目立つので、
池の周りにダイコンドラの種を蒔いて、
池の縁がダイコンドラの葉で隠れるようにしていますが、
縁が直線的なので、やはり人工的な印象は否めませんね。
ビオトープなので自然な感じにしたいのですが、なかなか難しいものがあります。
所々にホスタなんかを植えて縁の直線を隠せば、
もう少し自然な印象になるかもしれませんね。

時々何かの動物に襲われて、入れている魚が減ってしまうので、
あまり高価な魚は入れられません。
1匹40円の子赤金魚を10匹程度入れていますが、
U字溝が金魚たちのお気に入りのアトラクションと化していて、
U字溝を通って2つのトロ船を行ったり来たりしています。
金魚の楽しそうな様子を眺めていると、心が癒され、
作った甲斐があったなぁと感じます。

今年はもう氷が張ったりして、ビオトープのシーズンも終わりですが、
来年は、もっと自然で美しいビオトープに改良できればと思います。


ビオトープ | 17:32:38 | トラックバック(0) | コメント(6)
暗い歌が好き
最近たまたま見つけて、よく聴いている、山崎ハコさんのアルバム『飛びます』です。



特に『風車』が好きです。

19歳でこんなアルバムを創れるというのは、
一体どうなっているのでしょうか・・・

鬱の時は、音楽を聴くこと自体が苦痛です。
特に明るい歌は聴いていられません。
1年間程は殆ど音楽を聴いていませんでしたが、
最近は、暗い歌なら聴いていられるようになりました。

鬱で音楽を聴くのが苦痛という方には、
谷山浩子さん、山崎ハコさん、森田童子さん、
などの暗い歌は、気分が落ち着くので、お薦めです。


関連記事
音楽 | 19:50:36 | トラックバック(0) | コメント(6)
次のページ